【SEO対策】ブログ記事の検索順位を上げる方法

【SEO対策】ブログ記事の検索順位を上げる方法 ブログの書き方
スポンサーリンク

検索エンジン(Google・Yahoo!)の検索順位を上げれば、クリック率が上がりサイト流入数が増えます。

良質なコンテンツの充実が必要不可欠ですが、それだけでは検索順位は上がりません。

  

Googleの検索順位を決めるアルゴリズムは200以上あると言われています。

アルゴリズムは公開されていないため、ひとつひとつ確実に対策することは不可能です。

  

しかし、様々な検証データに基づいたSEO対策をおこなうことで上位表示させることは可能です

 

  • 記事をいくら書いても流入数が増えない
  • 検索順位を決める仕組みがわからない
  • 効果的なSEO対策がわからない

  

この記事ではこのような悩みや疑問が解決できます。

  

検索順位とは

検索順位とはGoogleやYahoo!などの検索エンジンに検索結果として表示される順位のことです。

一般的にSEO対策とはGoogleのアルゴリズムに対して対策するものです。

  

SEOとは「Search Engine Optimization」の略です。

日本語に訳すと「検索エンジンの最適化」です。

  

検索エンジンで検索されたときに自分のサイトが上位表示されるようにする技術のことです。

詳しくは別記事をご覧ください。

  

検索順位を上げることによりクリック率が高くなってサイト流入数が増えます

  

検索順位を上げる5つの方法

検索順位を上げるSEO対策として5つご紹介します。

キーワード選定

ますはキーワード選定です。

ただ自分が書きたいことを書いていても記事は上位表示されることはありません。

  

ユーザーの悩みや疑問が解決できる記事内容でなくてはなりません

  

ユーザーは悩みや疑問を解決するために検索エンジンを使って調べます。

その時に入力するであろうキーワードを記事内に仕込まなければなりません。

  

そのキーワードが記事内になければ、その記事は検索結果に表示されることはありません

ユーザーに永遠に読まれることがない記事になります。

  

キーワード選定に関しても別記事で詳しく解説しています。

キーワード選定がよくわからない人や自分のキーワード選定方法が正しいか自信がない人は確認してください。

  

キーワードを入れる場所

キーワードを入れる場所は5つあります。

  • H1タグ(記事タイトル)
  • H2~H3タグ(大見出し・中見出し)
  • リード文
  • 本文
  • メタディスクリプション

  

H1~H3タグすべてにキーワードを入れる必要があります。

特に記事タイトルのH1タグが最重要です

  

ロングテールキーワードを設定した場合、キーワードは4~6つ程度になると思います。

6つすべてをタイトルに入れるのが難しい場合は3~4つ程度でも構いません。

  

必ずメインキーワードから入れてください。

タイトルや見出しの一番左端から入れるということです。

タイトルを入れる順番もSEO的には重要になります

  

次にリード文です。

リード文とは記事の最初に来る導入文のことです。

  

ここでユーザーの悩みや疑問に対して簡潔に答える必要があります

  

Googleは徹底したユーザーファーストを掲げています。

ブログ記事を最後まで読まなくても答えがわかるような記事を優良記事と判断します

ユーザーの貴重な時間を奪うべきではないという判断からです。

  

さらにGoogleのアルゴリズムは冒頭から30個までのキーワードを重要キーワードと認識すると言われています。

リード文でも重要なキーワードから書くようにしてください

  

同じように本文にもキーワードを入れていきます。

しかし、本文はそれほど意識しなくても大丈夫です。

  

設定したキーワードについて書かれた記事である以上、自然とキーワードが入ります。

意識しすぎてキーワードを詰め込むと逆効果になります

  

不自然にキーワードが詰め込まれている記事はスパム判定を受けることになります。

キーワードは記事全体の4%以内になるようにしましょう

  

4%を超えるとスパム判定される可能性が高くなります。

  

最後にメタディスクリプションです。

メタディスクリプションはSEO的にはキーワードを入れる必要がないということがわかっています。

このことは別記事で詳しくご紹介しています。

  

キーワードを入れる必要がないとはいえ、ユーザーが検索画面で確認する文章です。

クリックしたくなるキャッチーな文章とともに重要キーワードも入れるとより効果的だと思います。

  

質の高い記事作成

質の高い記事とはユーザーの悩みや疑問に的確に答えられている記事のことです

それにはコンテンツ(内容)が充実していなければなりません。

  

コンテンツが詰まった記事を一度に書き上げるのは時間がかかります。

また、時間が経つにつれて記事内容も古い情報になります。

  

過去記事を定期的に見直してリライトする必要があります

ブログのリライト方法は別記事で詳しく解説しています。

  

記事は書きっぱなしではなく、必ず定期的にリライトしてください

  

内部リンクを3つ以上設置

Googleのクローラーがスムーズに見回りできるようにすることも重要です。

そのために1記事に3つ以上の内部リンクを貼るといいです。

  

内部リンクが多いということは記事同士がつながっているということです。

独立した記事が多いとクローラーがうまく回ることができません。

さらに独立記事が多いと評価が下がるという意見もあります

  

特化ブログの場合、関連記事が多くあると思います。

関連記事を内部リンクするだけですので非常に簡単な作業です。

  

ジャンルが様々な雑記ブログより特化ブログのほうが稼ぎやすいというのはこういう理由もあると思います。

  

被リンクを増やす

キーワード選定やSEOライティングなどは知識と技術があればすぐにでもできます。

  

しかし、被リンクの獲得は時間がかかります。

被リンクの獲得は他者によるものだからです。

  

被リンクを獲得することによりドメインパワーが上がります。

ドメインパワーとはサイトの強さを表したものです。

  

このドメインパワーが強いとそれだけで上位表示されやすくなります。

被リンクを多く獲得しているサイトはそれだけ周囲から認められているサイトだと判断されるからです

  

被リンクを獲得するためには自社サイトで紹介したいと思わせるような記事を書き続けなければなりません。

非常に時間がかかる作業です。

  

大手サイトなどに登録して自分で被リンクを獲得する方法もあります。

Google側も自作の被リンクだというのはすぐにわかると思うので、効果のほどは定かではありません。

  

有名なペライチを使った被リンク獲得方法についてまとめた記事があります。

ご興味ある方はご覧ください。

  

良質な記事を書き続けて認知されれば被リンクは自然と増えてきます

被リンクの獲得だけは時間がかかるものだと考えてください。

  

まとめ:検索順位を上げて流入数を増やす

検索順位が上がればクリック率が上がり流入数が増えます。

Googleのアルゴリズムに対して的確なSEO対策ができれば上位表示させることも可能です

  

被リンクの獲得のようにどうしても時間がかかる対策もあります。

しかしSEO対策の多くはすぐにでもできることです。

  

初心者のうちは慣れなくて大変かもしれません。

当ブログには初心者向けのSEO対策やキーワード選定の方法を解説した記事がたくさんあります。

  

慣れるまでは何度も読み直してください

  

  

  

タイトルとURLをコピーしました