【PREP法とは】就活の自己PRやブログにも使える例文を紹介

【PREP法とは】就活の自己PRやブログにも使える例文を紹介 ブログの書き方

PREP(プレップ)法とは、「結論(Point)理由(Reason)具体例(Example)結論(Point)」という文章構成のことです。

  

就活自己PRブログにも使える便利な文章構成です。

強調したい結論や主張から話すことで相手に強く印象づけることができます。

結論や主張がわかりやすく、訴求力が高い文章構成法です。

  

また、Google基本理念にもユーザーの貴重な時間を奪ってはならないという考えがあるため、結論から書くことはSEO対策にもなると言われています。

  

PREP法を使った例文もわかりやすく解説します。

PREP法とは

PREP法とは、簡潔に説得力がある文章を作るときに用いられる文章構成です。

結論(Point)⇒理由(Reason)⇒具体例(Example)⇒結論(Point)

  

この4つの頭文字を取ってPREP法と呼ばれています。

PREP法では、最初結論主張を伝えます。

  

最初に伝えることで何の話なのか聞き手がわかりやすくなるという利点があります。

内容がイメージできるかどうか理解度が変わると言われています。

  

次に結論や主張の根拠である理由を説明します。

その理由をわかりやすく具体例を挙げて説明します。

理由に説得力を持たせるためです。

  

具体的な事例やデータを提示することで説得力が生まれます。

最後にもう一度結論と主張を繰り返すことでさらに深く印象づける効果があります。

  

PREP法を使うメリット

結論や主張が強調される

PREP法は、結論や主張を最初に言います。

そのため、これから話す内容が読み手にすぐに伝わります。

  

結論を知っているため、何のことについて話しているのか理解しやすくなります。

内容がはっきりと見えやすくなり、理解度が上がると言われています。

  

さらに2回言うことで結論や主張が強調されるため、相手の心に深く印象が残りやすいです。

  

読み手の時間の節約になる

最初に結論から入ることで、読み手は記事の内容を的確に把握することができます。

  

自分にとって必要なものかどうかすぐに判断ができるため、無駄な時間を過ごすことがなくなります。

途中まで読んで、結局必要ない情報だったのでは時間の無駄です。

  

ストレスを感じなくて済む

PREP法は、結論から入るため、途中まで結論がわからないというストレスがかかりません。

  

最初に結論がなかった場合、理由から聞かされることになります。

何の話をしているのかもわからずただ話を聞かされることになります。

  

よくある一例です。

例の案件、受注できそうか?

それが、色々あって・・・

で?

価格の折り合いがなかなかつかなかったんですよね・・・

ダメだったのか?

はい、ダメでした・・・

だったら最初からそう言え!

忙しいビジネスマンほど結論から知りたがります

結論がわからずに理由を聞かされるのはストレスになります。

  

必ず結論から話すようにしましょう。

結論から話せばストレスを与えずに済みます。

  

PREP法を使うデメリット

押しが強すぎる印象を与える

PREP法結論や主張を2回言います。

そのため、場合によっては主張が強すぎると判断される場合があります。

  

ブログ記事において、個人の主張が強すぎるのはマイナスです。

売る気満々や主張をゴリ押しのような印象は避けなければなりません。

  

スピーチには向かない

結婚披露宴などのスピーチでは、体験談がメインになります。

体験談というのは「具体例(Example)」にあたります。

  

いきなり結論から入るのは、話のオチを言ってしまうようなものです。

感情移入しづらくなり、場を盛り下げることになります。

  

PREP法は万能ではなく、場面によっては使いづらいこともあります。

  

PREP法の活用シーン

就活

面接などでは時間が限られています

短い時間で効率よく自己アピールしなければなりません。

  

自分の主張したい強みを最初に持ってくることで、強調することができます。

PREP法は、限られた時間内で強く印象を残したいときに有効な方法です。

  

プレゼン

ビジネスマンは時間に追われています。

忙しいビジネスマン相手に時間を節約することはとても重要なことです。

  

結論から話すことで、相手に話の内容もわかりやすく伝わります。

時間が節約できるPREP法は、プレゼン向きだと言えます。

  

ブログ

PREP法の一番の特徴は「先に結論から書くこと」です。

Googleの基本理念と合致します。

  

ユーザーの貴重な時間を奪うことなく、簡潔に内容を伝えることができます。

ブログ向きの文章構成法だと言えます。

  

PREP法の例文

ブログに使える例文

結論(Point)

ブログを書くときはPREP法を意識すると良いです。

理由(Reason)

PREP法は、結論や主張がわかりやすく、訴求力が高い文章構成法だからです。

具体例(Example)

結論や主張を最初に話すことで、読み手は内容が理解しやすくなります。

具体例も挙げて説明するため、さらに理解度が増します。

最後に結論や主張を確認することで、読み手の記憶に残りやすくなります

結論(Point)

訴求力が高いPREP法は、ブログ記事を書くときに有効な文章構成法です。

  

今、書いている記事内容です。

PREP法を使って書いています。

  

簡潔にまとめることができて訴求力もあると思います。

  

就活に使える例文

結論(Point)

私の強みは何事もあきらめずに継続できるところです。

理由(Reason)

あきらめずに継続する力は、学生時代のテニス部で培うことができました。

具体例(Example)

けがのため半年間テニスができない時期がありましたが、あきらめずにリハビリを続け、県大会で優勝することができました。

結論(Point)

どんな困難もあきらめずに継続することで成果を上げる自信があります。

  

就活の場合、最初の結論で「自分の強み」を紹介するといいと思います。

  

次の理由では、なぜそれが「自分の強み」だと言えるのか説明します。

さらに具体例を挙げて詳細を説明して、最後に結論につなげます

  

最後の結論は、企業に対して貢献できる内容がいいです。

  

ブログ記事を書くときの注意

相手はどんな人か考える

文章を書くときは必ず相手を想像して書きます。

★どんな立場にいる人か

★どんなことに興味があるか

★どんな疑問を持っているか

★専門的な知識がどれだけあるか

  

まずはターゲットを決めなければなりません。

ビジネスマン、専業主婦、親、学生、など様々な立場を持った人がいます。

  

次にその人たちが疑問に思うこと興味があることは何かリサーチします。

さらにその内容に対して、どこまで専門的な知識があるか考えなければなりません。

  

ビジネスマンなら基本的なビジネス用語は知っている可能性が高いです。

しかし学生はどうでしょうか。

基本的なビジネス用語でもわからない人が多いと思います。

  

人はわからない言葉が出てくると思考が停止します。

ブログの場合、その時点で画面は閉じられ離脱されます。

  

どのユーザー層に対しても同じですが、基本的には中学生が理解できるレベルの言葉で説明するのが良いとされています。

  

ほかに置き換えようがない専門用語も、必ずわかりやすい言葉で説明しなければなりません。

  

ゴールは何か考える

みなさんはブログを書くときに何をゴール(目標)に書いているでしょうか。

多くの人がユーザーの疑問に答えることを目標にしていると思います。

  

疑問に対する回答を理解してもらおうとしているはずです。

ゴールが「回答の理解」では、こちらに何のメリットもありません。

  

基本的にはユーザーに動いてもらうことを意識しなければなりません。

★広告をクリックしてもらう

★商品を購入してもらう

★サービスに加入してもらう

  

記事を読んだユーザーに動いてもらわなければ利益は出ません。

どうしたら相手を動かすことができるか考えるクセをつけましょう。

  

基本的には「集客記事」と「収益記事」をわけて書くといいと言われています。

割合は、集客記事9割収益記事1割です。

  

ユーザーに動いてもらうための記事は全体の1割程度が理想だと言われています。

多すぎると売りたい主張が強くなり、反感を買うことになります。

  

まとめ:いい文章とはわかりやすい文章のこと

PREP法を使えば、訴求力が高い記事が作成できます。

結論や主張を最初に書くことで、ユーザーにとってわかりやすい記事が書けます。

  

また、読み手にストレスを与えることなく結論や主張を強調することができます。

PREP法は、ブログ記事に最適な文章構成なのでおすすめの書き方です。

  

SEO対策ではキーワード選定が大切です。

よくわからないという方は、別記事で詳しく説明しています。

>>キーワード選定の基本と効果

タイトルとURLをコピーしました