【WordPress設定】パーマリンクの変更方法

【WordPress設定】パーマリンクの変更方法 最初にやるべきこと

パーマリンクはあとから変更しないほうがいいです

URLが変わってしまうからです。

  

URLが変更されると検索エンジンの評価がリセットされ被リンクもすべて失うことになります。

途中からパーマリンクを変更したいけどリスクが大きすぎて変更できないという人もいると思います。

  

どうしても変更しなければならない場合はリダイレクトを使うと問題が解消できます

この記事で詳しい方法を解説します。

  

  • パーマリンクって何?
  • パーマリンクは種類が多くてどれを選べばいいかわからない
  • パーマリンクを途中で変更するときのリスクを避けたい

  

この記事ではこのような疑問や悩みを解決できます。

  

パーマリンクとは

パーマリンクとはページ(記事)ごとに設定したURLのことです。

パーマリンク(permalink)は「permanent」と「link」を組み合わせた言葉です。

  

permanentは「永続」「恒久」という意味です。

permalinkを直訳すると「永続的なリンク」となります。

永続的にリンク(接続)するという意味です。

  

その名の通りパーマリンクを設定することで、永続的にページのURLが固定されます。

パーマリンク本来の意味からも途中で変更することはあり得ないことです

  

パーマリンクの設定を最初におこなわなければならない理由

パーマリンクを最初に設定しなければならない理由は途中で変更すると問題があるからです。

考えられる問題は2つあります。

  

SEO評価がリセットされる

パーマリンクを変更するということは新しくページを作るのと同じです。

新しくページを作るということはそれまでのページがなくなるということです。

  

今まで評価を受けていたページがなくなり、評価がリセットされることになります

せっかく頑張って築き上げた評価が一瞬でなくなります

  

被リンクが無効になる

評価が上がってくれば被リンクも獲得できているはずです。

自分で貼ったリンクであれば直すこともできます。

  

しかし、他人が貼ってくれたリンクを修正することはできません。

今まで獲得してきた被リンクもすべてなくなります

  

また、自分で貼ったリンクを直すといっても膨大な時間がかかります。

ブログの内部リンクやSNSのリンクなど膨大な数になるはずです。

  

すべて覚えていればいいですが、どこに貼ったか忘れている場合もあります。

記事数が多くなると、すべて確認するには膨大な時間と労力がかかります。

  

途中で変更することはデメリットが大きすぎます。

必ず最初に適切な設定をしておきましょう

  

パーマリンクの種類とおすすめ

WordPressで設定できるパーマリンクの種類は6種類です。

カスタム構造を選ぶとほかの5種類にはないものを設定することができます。

  

基本

初期設定されているものです

WordPress内で割り当てられたID(数字)が入ったパーマリンクです。

「?p=123」のように数字が入ります。

  

のちほど詳しく解説しますが、数字だけのパーマリンクはおすすめしません

数字だけだとユーザーが何の記事か判断できないからです。

  

Googleも意味がある文字列を設定するのがいいと言っています

  

日付と投稿名

投稿日の日付が入ったパーマリンクです。

  

投稿日はあとから変更する場合があります。

その場合、パーマリンクも変更されます。

  

途中変更はデメリットが大きいためおすすめしません

  

月と投稿名

投稿日の月が入ったパーマリンクです。

日付と同様でパーマリンクが変更される可能性が高いためおすすめしません

  

数字ベース

WordPress内で適当に割り当てられたID(数字)が入ったパーマリンクです。

「archives/123」のように数字が入ります。

  

「基本」と同じく数字だけのパーマリンクはおすすめしません

  

投稿名

記事の投稿名が入ったパーマリンクです。

のちほど詳しく解説しますが、パーマリンクの設定は「投稿名」を選ぶのが最善です

  

気をつけなければならないのは、そのままだと日本語の投稿名のままパーマリンクが作られてしまうことです

  

日本語表記のパーマリンクは、コピペやSNSで共有する際に英数字と記号に変換されてしまいます。

このことを知らないユーザーが見れば怪しいアカウントだと勘違いされる恐れがあります。

  

記事を投稿する際に日本語から英語表記に直すことをおすすめします

ちなみに日本語表記のままでもSEO的には評価が下がるようなことはないそうです。

  

カスタム構造

前述の5つのパーマリンク以外を設定するときに使うものです。

投稿者名やカテゴリーなどを設定するときに使います。

  

しかし、投稿者名やカテゴリーなどは変更する可能性があります。

変更される可能性があるものはおすすめしません

  

パーマリンクの選び方とおすすめ

各項目でも簡単にご説明した通りパーマリンクは「投稿名」を選ぶのが正解です

パーマリンクを決めるときのポイントは3つあります。

  

チェックポイント

★ユーザーが理解できるものにする

★短くシンプルなものにする

★「-(ハイフン)」を利用する

この3つはGoogleが発信する文章から読み取れます。

参考:シンプルなURL構造を維持する – Google検索セントラル

  

パーマリンクの設定のヒントになるのが「ユーザーが理解できるものにする」ということです。

IDなどの数字などではなく意味がある単語を使うべきだということです

  

このことからパーマリンクには「投稿名」を設定するのが最善の選択だということがわかります。

また、カテゴリーや投稿日など変更の可能性があるものも避けるべきです。

  

Googleは短くシンプルなものにするといいとも言っています。

パーマリンクは長くなりすぎないように注意しましょう

  

また、単語と単語の間は「-(ハイフン)」でつなぐといいです

「_(アンダーバー)」も使用できますが、ユーザーによってはアンダーバーの出し方がわからないという人もいます。

  

パーマリンクはユーザーが見てわかりやすいものを設定するというのが基本です

  

パーマリンクを途中から変更する方法(おすすめのプラグイン)

基本的には途中からの変更はおすすめしません

しかし、どうしても変更が必要な場合の変更方法をご紹介します。

  

パーマリンクを途中で変更するとURLが変更されることになります。

被リンクが前のURLで表示されている場合、新しいURLに変更しなければなりません。

  

しかし、他ブログで被リンクを受けている場合や、すでに投稿したSNSなどのURLを変更することはできません。

  

その場合、古いURLから新しいURLへ自動的に飛ぶ(リダイレクト)設定が必要になります

初心者の場合、自分で設定するのはかなり困難です。

  

簡単におこないたいならプラグインを使った方法がおすすめです。

「Custom Permalinks」を使うと簡単に変更の設定ができます

  

自動的にリダイレクトしてくれるのでおすすめです

  

手順をご紹介します。

①パーマリンクを「投稿名」に変更する
WordPressでパーマリンクを「投稿名」に変更してください。
WordPressの「設定」の「パーマリンク」から変更できます。
初期設定の「基本」のままだとCustom Permalinksのプラグインがうまく動作しません。
必ず「投稿名」に変更してから進めてください
②Custom Permalinksをインストールする
WordPressのプラグインから「新規追加」を選んでインストールしてください。
インストールが終わったら「有効化」します。
③各記事でパーマリンクを変更する
パーマリンクの変更は各記事の編集でおこないます。
ひとつずつ手作業でおこなう必要があります。

  

記事の編集画面の最下部で変更できます。

新しいパーマリンクを入力して更新してください。

  

更新が終わったら実際にWEB検索して正しくリダイレクトするか確認してください

  

プラグインを使ったパーマリンクの変更はプラグインが有効であるときだけです。

プラグインを無効化したり削除したりすると変更が戻ってしまいます

  

これはメリットでもあり、変更した後で不具合が起こった場合でも簡単に元に戻せるということです。

  

まとめ:パーマリンクの設定は最初にするべき

パーマリンクはあとから変更するのが難しい設定です

ブログ開始時に適切な設定を済ませてください。

  

途中で変更する場合はプラグインを使ってリダイレクト設定をしてください

リダイレクト設定をすることで、途中で変更したときの問題を回避することができます。

  

とはいえ記事ひとつひとつを変更すると大変な手間です。

記事数が多くないうちに早めに変更することおすすめします。

  

記事数が多すぎる場合、パーマリンクの変更をあきらめるという選択肢もあります

  

Googleの検索順位を決めるアルゴリズムは200以上あります。

適切なパーマリンクの設定はその中のひとつに過ぎません。

  

パーマリンクが与えるアルゴリズムへの影響は微々たるものではないでしょうか。

様々な不具合を想定するとリスクが大きすぎる場合もあります。

  

ご自身の記事数など状況に応じて判断してください。

また、パーマリンクを変更する際は必ずバックアップを取ることも忘れないようにしてください

  

※※※※※

別記事でフリーランスや副業に最適の稼ぎ方をご紹介しています。

こちらの記事も参考にしてみてください。

>>【フリーランスとは】職種と仕事内容と年収を紹介

  

タイトルとURLをコピーしました