【オピニオン記事とは】効果的な書き方を解説

【オピニオン記事とは】効果的な書き方を紹介 ブログの書き方

オピニオン記事とは

オピニオン記事の意味

オピニオン(opinion)とは、意見見解という意味です。

ブログでいうオピニオン記事とは、自分自身の意見や価値観を書いた記事ということになります。

  

一般的にブログ記事を書くときに気をつけることはユーザーの疑問に答える内容を書くことです。

多くのブロガーがノウハウ記事を書いていると思います。

  

悩みや問題を解決するためのノウハウを書いた記事です。

しかしオピニオン記事自身の意見や価値観を中心に書いた記事になります。

  

必ずしもユーザーの疑問に答える内容にはならないということです。

  

オピニオン記事の目的

オピニオン記事を書く目的共感や信頼を得ることです。

共感してもらい信頼を得ることでファンになってもらうことができます。

  

実績がない人やインフルエンサーでもない人がオピニオン記事を書いても意味がないという人がいます。

しかし実績がない初心者ブロガーほど書いたほうがいい記事だと思います。

  

実績がない人のノウハウ記事のほうが信用されないと思います。

ペルソナをしっかりとさだめて共感してもらえるようなオピニオン記事が書けるとファン獲得につながります。

  

オピニオン記事とノウハウ記事の違い

オピニオン記事ノウハウ記事の大きな違いは検索ニーズの有無です。

オピニオン記事は自身の意見や価値観を書いた記事なのでユーザーの検索ニーズを満たしていない場合が多いです。

  

一方、ノウハウ記事ユーザーの悩みや問題を解決できるノウハウが書かれています。

ノウハウ記事にはユーザーの検索ニーズがあるということです。

  

一般的にキーワード選定して書く記事はノウハウ記事になります。

SEO対策がしっかりとできるため、上位表示させることもできます。

  

ただ、先ほども申し上げた通り、実績がない初心者ブロガーのノウハウは信頼性がありません

他人の権威性を借りるなど方法はありますが、濃いファンを作ることができれば信頼性は上がります

  

オピニオン記事で濃いファンを獲得していくことも重要になります。

  

オピニオン記事の効果的な書き方

しっかりとユーザーターゲットをさだめ共感されそうな悩みや問題について困った体験などを書くといいです。

  

個人の意見や価値観を書くのがオピニオン記事です。

必ずしもユーザーの検索ニーズを満たすものではないと言いました。

  

しかし、検索エンジンで調べる人キーワードで知りたい内容を検索します。

このキーワードを無視していては記事自体が読まれることはありません

  

自分の意見や価値観を盛り込みながらユーザーの悩みや問題も解決するキーワードを入れると効果があります。

  

ただユーザーの悩みや問題を解決するだけのノウハウ記事より、自分の意見や価値観が盛り込まれていたほうが、オリジナリティが出てほかの記事と差別化ができます。

  

オピニオン記事ノウハウ記事をうまく融合させた記事を書きましょう。

  

オピニオン記事を書くときに気をつけなければならないことがあります。

独りよがりのわがままな記事では誰も共感してくれません。

  

基本的には他人を否定するようなことは書かないほうが賢明です。

ユーザーに共感してもらうことが目的のオピニオン記事です。

  

反感を買うような記事を書いてしまっては意味がありません。

  

まとめ:初心者ブロガーほどオピニオン記事を有効活用したほうがいい

実績がない初心者ブロガーがオピニオン記事を書いても意味がないという人がいます。

私はそうは思いません。

  

初心者ブロガーほどオピニオン記事を書くべきだと思っています。

実績がない初心者ブロガーのノウハウ記事は信頼されないからです。

  

オピニオン記事で共感を得てファンを獲得してノウハウ記事につなげるのがいいと思います。

  

さらに慣れてくれば、オピニオン記事とノウハウ記事を融合させて両方の長所を併せ持った記事が書けるようになると思います。

  

個人の価値観や意見をうまく主張して共感が得られればリピーターも増えてPV数も増えると思います。

  

※※※※※

ブログ初心者の方はまずはSEO対策を心掛けましょう。

初心者にもわかりやすくSEO対策についてまとめました。

>>【SEO対策のやり方】ブログ記事のキーワード選定の基本と効果

タイトルとURLをコピーしました