【コンテンツマーケティングとは】ブログ集客を考える

【コンテンツマーケティングとは】ブログ集客を考える 集客方法

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供して商品やサービスの購入につなげるマーケティング手法です。

  

最大の特徴はニーズが顕在化していないユーザーにアピールすることができるということです。

価値のあるコンテンツを提供することで商品やサービスの購入につなげます。

  

一時的な購入だけではなくファンとして定着させることも目的としています。

  

  • コンテンツマーケティングのメリットとデメリットを知りたい
  • コンテンツマーケティングをブログに活用したい
  • 一時的ではなく長く継続して売れるブログを作りたい

  

この記事ではこのような疑問や悩みを解決します。

  

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ターゲット市場を調べてユーザーのニーズを満たす価値あるものを提供して利益をあげることです

  

コンテンツマーケティングは、どうやって売り込むかを考えるのではありません。

売り込まなくても自然と売れてしまう環境を作ること」です

  

ユーザーのニーズを十分に理解してそれを満たす価値あるもの(コンテンツ)を作ります。

それがコンテンツマーケティングです。

  

自然と売れる環境を作ることで必死に売り込みをする必要がなくなります。

また、自動的に収入が入ってくる自動収益化も可能です。

  

商品情報の入手経路の変化

これまではTVCMやラジオ、店頭での商品情報の入手が一般的でした。

最近ではこれらの商品情報の入手経路をおさえて、インターネット検索で商品情報を入手することが多くなっています

  

TVCMやラジオ、店頭でのマーケティングは商品をアピールする売り込み型のマーケティング手法です。

現在も古い体質の企業でおこなわれている「テレアポ」や「飛び込み営業」もそのひとつです。

手当たり次第に電話をかけたり、アポなしで自宅に訪問するアレです。

  

人は自分にとって必要ないものに関心を示しません

TVCMはスキップされ、テレアポは忙しいからと迷惑そうにガチャ切りされます。

そのような時代遅れの非効率的なマーケティングでは利益は出ません。

  

インターネットが普及するまでは、御用聞きやセールスマンから情報を得ていました。

しかし情報化社会となった現在では、ユーザーが積極的にインターネットを使って情報収集します。

 

ユーザーが興味関心を示すようなコンテンツを作らなければ商品訴求につなげることはできません

  

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツの蓄積効果がある

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し続けることでコンテンツが増えていきます。

積み重ねたコンテンツは資産になります。

  

初めはコンテンツ数が少ないですが、徐々に増えていきます。

資産は大きくなり、大きな武器になります。

  

この大きな資産を効果的に利用できるのがコンテンツマーケティングのメリットです。

 

直接商品を紹介する売り込み型のマーケティングに比べると時間がかかりますが、ユーザーの信頼が得られるコンテンツマーケティングは強力な訴求効果があります

  

ユーザーの愛着心を高められる

ユーザーにとって有益な情報を発信し続けることによって当該サイトに対して自然と愛着心が湧いてきます。

ビジネスにおいて愛着心がもたらすメリットは様々なものが考えられます。

  

  • 競合他社との比較がされにくくなる
  • 継続購入してもらえる可能性が増す
  • 価格競争に巻き込まれにくい

  

ユーザーの信頼を得ることによって競合他社と比較されにくくなり価格競争にも巻き込まれにくくなります。

さらに継続購入してもらえる可能性が増します。

  

販売地域が限定されない

Webでの情報発信のため販売地域が限定されないというメリットもあります。

日本国内はもちろん、情報や商品、サービスによっては海外を視野に入れることもできます。

  

これまでの店頭での訴求方法ではどうしても地域が限定されます。

またご来店いただいたユーザーにのみ訴求が許されます。

  

その点、Web販売の場合、販売地域が限定されないというのが大きなメリットになります

 

拡散力が強い

検索エンジンやSNSの活用は拡散力が強いのが特徴です。

特にSNSを上手に活用すると拡散力は飛躍的に伸びます。

  

現在では、ホームページやブログなどでコンテンツをしっかりと作り込んでSNSで拡散させるという手法が一般的となっています

  

コンテンツマーケティングのデメリット

即効性がない

コンテンツマーケティングはコンテンツの充実が最優先になります。

コンテンツが充実するまでは販売効果がほぼありません

  

そのため短期的な費用対効果が低いというデメリットがあります。

即効性がないため途中であきらめてしまう人も多いです。

  

しかしコンテンツが充実してくれば、それが資産となり長期的には費用対効果が高いマーケティング手法です

  

効果が出始めるまで最短でも半年はかかります。

通常1~2年は見る必要があると言われています。

  

手間がかかる

コンテンツの積み上げには手間がかかります。

時間がかかるのも大変ですが、ユーザーのニーズ調査など手間がかかりすぎることが最大のデメリットです。

  

手間と時間をかけても1~2年成果が上がらない状態が続くことを覚悟しなければなりません

  

成果が上がり始めれば積み上げた資産でラクに稼ぐことができるようになります。

しかし、そこまでの道のりは想像以上に厳しく、挫折する人が多いのも現実です。

  

半年や1年で成果が出ないからといってあきらめてしまうとそれまでの苦労はすべて無駄になります。

手間や時間がかかることを覚悟して取り組まなければなりません。

  

コンテンツマーケティングを成功させる3つのカギ

コンテンツマーケティングを成功させるには3つの重要な要素があります。

  

  • 誰に提供するのか
  • どんな価値が提供できるのか
  • どのように提供するのか

  

この3つを詳しく解説します。

  

誰に提供するのか

コンテンツマーケティングではペルソナの設定が重要になります。

ペルソナとは人物像のことです。

自分が売りたい商品やサービスを必要としている人物像を明確に意識することが必要になります

  

ユーザーにとって有益な情報を発信するのがコンテンツマーケティングです。

有益な情報はユーザーによって異なります。

そのため、しっかりと対象のユーザーを意識しなければなりません。

  

設定したペルソナと合致したユーザーはファンになりやすくリピーターにもなりやすいです。

ペルソナを明確に意識することで提供する情報のブレがなくなります

  

どんな価値が提供できるのか

ここではターゲットユーザーのベネフィットを考えます。

ベネフィット(Benefit)とは英語で「利益」や「恩恵」などという意味です。

  

ビジネスの場合、販売する商品やサービスそのものではなく商品やサービスを使った結果の利益や恩恵をあらわす言葉です。

これはセールスの基本になります。

  

間違ったセールスでは商品自体の性能ばかりをアピールしてしまうことがあります

  

例えば高性能なパソコンを販売する場合です。

パソコンの性能ばかりを説明してユーザーがそのパソコンを使用したときの利益を説明しない販売員がいます。

これではパソコンは売れません。

  

高性能なパソコン自体のアピールもいいですが、そのパソコンを使用した結果の利益が想像できなければ購入されません。

  

ターゲットユーザーが何を欲しがっているのかを的確に把握することで同じ商品でも訴求方法が変わってきます。

  

逆に言えば訴求方法を変えれば、競合他社と差別化ができ、販売促進が可能だということです

  

どのように提供するのか

提供方法は先ほどご紹介したようにホームページやブログにSNSを加えるのがおすすめです。

ホームページやブログでしっかりとコンテンツを作り込んでSNSで拡散すると効果が何倍にもなります。

  

SNSはコンテンツによって使い分けるといいです。

3大SNSの「Twitter」「Instagram」「Facebook」を比較します。

  

Twitter
【特徴】
3大SNSの中で利用者が最も多い。
20代が最も多い。
年代が上がるほど男性の割合が上がる。
【強み】
拡散力が最も強い。

  

Instagram
【特徴】
20代~40代が中心。
女性の割合が多い。
30代以下は女性比率が60%を超える。
【強み】
質の高い画像がカタログ代わりになる。

  

Facebook
【特徴】
40代中心で10代が極端に少ない。
男性の割合がやや多い。
年齢層が高めで60代も多い。
【強み】
長文投稿、実名投稿

  

Twitterは、何といっても拡散力が売りです

リツイート機能があり、いいと思った投稿を自分のタイムラインに表示させることができます。

そのため、リツイートされると全く関係ない人にまで情報が届くことがあります。

  

有益な情報やリツイートしてもらえるような投稿をすることで拡散力が最大限発揮されます。

ビジネスコンテンツはTwitterが有利だと言われています

  

Instagramは、画像や動画で投稿するSNSです

質の高い画像を投稿することで訴求効果が増します。

画像という特性上、カタログ代わりにもなります。

  

女性ユーザーが多いのも特徴です。

ターゲットユーザーが女性の場合、有効活用できます

  

Facebookは、ほかのSNSと比べ長文で投稿することができます

また、基本的には実名投稿になります。

実名投稿は信頼性が増します。

  

最近では企業アカウントの表示を少なくして、個人アカウントを多く表示しているようです。

企業アカウントを持っていない個人が有利なSNSだと言えます

  

また、SNSではありませんが「LINE」も利用できます

LINEはメルマガ代わりになります。

  

メールアドレスのように迷惑メールに分類されてしまうこともありません。

メールはあまり見ない人も多いですが、LINEは必ず見ます。

  

プッシュ通知を設定している人も多いので、開封率はメルマガより格段に高いです

  

まとめ:コンテンツマーケティングはブログとSNSで最大効力を発揮する

これまでの売り込み型のマーケティングは時代遅れとなりました。

これからはコンテンツマーケティングで顧客ユーザーを獲得する時代です。

  

コンテンツマーケティングは仕込みに時間がかかります。

ホームページやブログ、SNSを上手に利用して顧客ユーザーの獲得をしましょう。

非効率的な売り込み営業をしなくても自然と売れる仕組みが構築できます

  

※※※※※

コンテンツブログにはSEO対策が重要です。

SEO対策が十分でない場合、検索順位が上がらずユーザー獲得が難しくなります。

  

SEO対策に関しては別記事で詳しく解説しています。

>>【SEO対策のやり方】ブログ記事のキーワード選定の基本と効果

  

タイトルとURLをコピーしました