【SEO対策とWebライティング】キーワードプランナーの無料登録方法

SEO対策とWebライティング&キーワードプランナーの無料登録方法ブログ

SEO対策Webライティングには、キーワード選定が必須です。

Googleが提供している「キーワードプランナー」を使えば、簡単に効果的なキーワード選定ができます。

  

  

キーワードプランナーを使用するには、Google広告に登録しなければなりません。

広告を出す場合、もちろん費用がかかります。

  

しかし今回は、無料でGoogle広告に登録し、キーワードプランナーを使用する方法をご紹介します。

SEO対策とは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略です。

検索エンジン最適化」という意味です。

  

検索エンジン(Search Engine)のルールに最適化(Optimization)したWebサイトを作るという意味です。

自分のWebサイトを検索結果の上位に表示させて、訪問者数を増やす施策のことをSEO対策と言います。

  

普段Webサイトを利用する場合、直接URLを入力して目的のサイトへ行くことはありません。

必ずGoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力して検索します。

  

ここで重要なのは、必ず検索エンジンを経由するということです。

つまり、Webサイトを作成しても、検索結果に表示されなければ、そのWebサイトには辿り着けないということです。

  

どんなに有益なWebサイトでも、検索結果に表示されなければ、訪問する術がありません。

サービス名やサイト名で検索しても、検索結果に表示されないサイトはたくさんあります。

  

だからこそ、最低限のSEO対策は必須になります。

しかし、SEO対策には、対応しきれない環境要因があります。

  

それは、狙いたいキーワードの検索件数が少なすぎたり、ライバルとなるWebサイトが強すぎたりすることです。

そのため、キーワード選定が必要になってきます。

  

なぜキーワードプランナーが必要なのか

キーワード選定

キーワード選定にお勧めのツールはGoogleが提供している「キーワードプランナー」です。

キーワード選定で重要なのは目的のキーワードを実際に検索する人がどれくらいいるのか調べることです。

  

実際に検索する人の数が「検索ボリューム」です。

この検索ボリュームを見ながら、ビッグキーワードやスモールキーワードなどを選びます。

  

【ビッグキーワード】

意味の広いキーワードで、検索ボリュームは大きいが、競合も多い。

  

【スモールキーワード】

意味の限定されたキーワードや複数キーワードの組み合わせフレーズなどで、検索ボリュームは小さいが、競合は比較的少ない。

  

キーワード表記

その他に重要なのはキーワード表記です。

例えば、「キーワードの選定」について記事を書きたいとします。

  

  

キーワードの選定」では、検索ボリュームが10~100です。

対して「キーワード選定」では、1000~1万あります。

  

「キーワードの選定」と「キーワード選定」、「の」があるかないかで100倍違うのです。

ほんの少しの違いです。

しかし、検索ボリュームは100倍違います。

  

この細かい違いを突き詰めて表記することが重要です。

これがキーワードプランナーを利用する利点です。

  

キーワードプランナー

キーワードプランナーの登録方法

キーワードプランナーを利用するには、Google広告に登録しなければなりません。

Google広告に登録して広告を掲載すると、広告料を払わなければならなくなります。

  

そのため、Google広告に登録すること自体、気が進まない方もいるかもしれません。

しかし、広告を掲載しなければ料金が発生することはありません

  

それには、登録の際にちょっとしたコツが必要です。

これからご紹介する通りに登録していただければ、簡単無料でキーワードプランナーが利用できます。

  

  

Google広告の公式ホームページへアクセスし、「今すぐ開始」ボタンを押します。

  

  

次に「広告の主な目標は何でしょうか。」と聞かれます。

ここで必ず「エキスパートモードに切り替える」を選んでください。

  

マーケティング専任者用にキャンペーンを設定しなくてもいい方法を選ぶことができます。

要は広告を掲載しないという選択です。

  

  

ここでも必ず「キャンペーンなしでアカウントを作成」を選んでください。

選んだら「続行」ボタンを押して次に進みます。

  

  

次に「ビジネス情報の確認」になります。

これは後から変更できません

  

日本在住の方は、請求先や通貨など必ず「日本」になっていることを確認してください。

問題なければ「送信」ボタンを押してください。

  

  

これでアカウントの設定は完了です。

アカウントを確認」を押してください。

  

スポンサーリンク

  

キーワードプランナーの利用方法

  

「アカウントを確認」を押すとトップ画面が開くと思います。

右上の「ツールと設定」ボタンを押してください。

  

押したら、一番左の上から2番目の「キーワードプランナー」を選びます。

  

  

次に「新しいキーワードを見つける」を押します。

  

  

赤い四角枠に検索したいキーワードを打ち込みます。

  

  

試しに「副業」を検索してみます。

キーワードを入力したら「結果を表示」を押します。

  

  

上の画像のように検索結果が出ました。

副業」だけだと月間の検索ボリューム10万~100万あります。

  

しかし、当然競合がたくさんいます

Google広告の競合性広告を出稿しているサイト数です。

  

競合性が「高」だからと言って、必ずしも記事数が多いとは限りません

しかし、人気があるキーワードであることは確かなので目安にはなります。

  

  

「副業」だけではなく、「副業 バレない」や「副業とは」などのキーワードにすることで、検索ボリュームは減りますが、競合も減ります

  

このように検索ボリューム競合性が確認できます。

  

  

しばらくすると、このような警告文が出ると思います。

広告を掲載している人は確認しなければなりません。

  

しかし、私のように無料でキーワードプランナーのみ使用したい場合は、無視して構いません。

むしろ、この警告が出ているということは、広告を掲載していないということですから、絶対に費用が発生することはありません。

  

まとめ:SEO対策に有効なキーワードプランナーを無料で使おう

今回は無料でキーワードプランナーを使用する方法をご紹介しました。

Google広告の登録時に、ちょっとしたコツが要りますが、簡単登録できます。

  

キーワードプランナーを上手に利用して、キーワード選定しましょう。

  

私はすでに40記事以上書いています。

これまでキーワード選定を疎かにしていました。

  

リライトが必要な記事がたくさんあります。

まだキーワード選定を意識されていないという方は、早めに対策することをお勧めします。

  

※※※※※

ブログ初心者におすすめのアフィリエイトサービスは別記事でご紹介しています。

>>初心者におすすめのアフィリエイトサイト5選

  

タイトルとURLをコピーしました