【やり抜く力】会社を辞めて独立する

職歴×転職

どういった人が今の会社を辞めるべきか

会社を辞めたいと思っている人は多いと思います。

なぜ辞めたいのでしょうか。

単にきついから、働くのが嫌いだから、という人は頑張って今の仕事を続けてください

そういう人は努力を続ける「やり抜く力」が身についていないからです。

「やり抜く力」とは、ペンシルベニア大学心理学教授のアンジェラ・ダックワース先生が提唱するものです。

詳しくは「GRITやり抜く力」という本をお読みください。

この本の中でダックワース先生は、「才能」とは「スキル」が上達する早さだと言っています。

そして目標を達成するには、2度努力する必要があるとも言っています。

才能×努力=スキル

スキル×努力=達成

才能は人によって違います。

才能がある(大きい)人は、少ない努力で、早くスキルが身につきます。

逆に才能があっても努力が「0」では、スキルは身につきません。

仮に才能がない(小さい)人でもそれを努力で補うことが出来ます。

しかし、努力してスキルが身についたとしても、それを使ってまた努力しなければ目標達成は出来ません。

必ず2度、努力をする必要があります

この努力を継続する力が「やり抜く力」です。

それなら、とにかく頑張って努力すればいいのかというとそれも違います。

今、あなたが働いている会社は、あなたの目標を実現できる会社でしょうか。

そもそも人生においての目標をしっかりと持っているでしょうか。

価値観は人それぞれですから、人生の目標も違っていいと思います。

例えば、「家族と一緒に過ごす時間を大切にしたい」という人の場合を考えます。

今の職場はどうしても残業が多く、休日出勤も多いです。

その場合、あなたの目標は「家族と一緒にいる時間をたくさん持つこと」ですから、今の職場はあなたには合っていないと思います。

家族を養うために生活費を稼がなければなりません。

しかし、頑張れば頑張るほど、自分の目標から遠ざかっていきます。

努力は目標に向かってしなければなりません

違う方向に努力するのは、時間の無駄です。

今の職場が、自分の目標と方向が違うなら、早く辞めるべきです。

しかし、目標が定まっていない状態で今の生活を手放すのは、非常に危険です。

独立は簡単なものではありません。

会社にいれば、上司や同僚、部下や後輩など必ず人の目があります。

それが嫌な人もいるでしょうが、それがなければ頑張れない人もいます。

心理学用語で「ホーソン効果」という言葉があります。

注目を浴びることで、相手の期待に応えたいという心理的行動によって、好結果を出す効果のことです。

今まで、人が見てくれていたことによっていい結果が出せていた人は、この効果がなくなるということです。

独立して個人で頑張るというのは気楽に感じるでしょうが、この「人の目」がない中で努力し続けることは並大抵のことではありません。

当たり前のことですが、質が高い努力をしなければなりません

ただ、だらだらと継続しても意味がありません。

人の目がない中で、その質を維持することもかなり難しいです。

質が低下していても、自分では気がつかないことが多いからです。

「やり抜く力」がない人が不用意に独立すれば、必ず失敗します

「人生の目標」という大きな目標ではないにしても、何か目標があって今の会社に入ったのであれば、それが達成されるまでは今の会社にいるべきです。

それが「やり抜く力」を手に入れる最短の道だと思います。

才能とは

「GRITやり抜く力」では、才能とはスキルが身につく早さだと言っていました。

この本では触れられていませんでしたが、この才能は選ぶ職種によっても変わると思います。

人によって性格や能力は違います。

一人でいるのが好きな人もいれば、大勢で遊ぶことが好きな人もいます。

手先が器用な人もいれば、細かい手作業が苦手な人もいます。

体力に自信がある人もいれば、運動が苦手な人もいます。

同じだけ努力をしても、選ぶ職種によっては、スキルが身につく早さが変わってくるということです。

自分の得意不得意、好き嫌いなどをしっかりと把握することで、自分に合った職種を選ぶことができると思います。

自分に合った職種であれば、より少ない時間でスキルを身につけ、努力を楽しみながら、目標達成に向かえると思います。

独立したほうがいい人

具体的に独立したほうがいい人を見ていきます。

・自分の時間が欲しい人

趣味や勉強の時間、家族や友人などの大切な人との時間が欲しい人

・労働収入ではなく、権利収入に切り替えていきたい人

一生労働するのは嫌な人、働けなくなっても自動的に収入が入ってくる仕組みを今のうちに作っておきたい人

・煩わしい人間関係から解放されたい人

気の合う人とだけ繋がっていたい人、価値観が合わない人とは関わりたくない人

上記に当てはまるなら、独立を考えたほうがいいと思います。

ふつうの会社員の場合、定時があり、残業がなければ決まった時間に帰ることができます。

休日出勤などなければ、土日祝日も自分の時間が取れます。

しかし、独立して自分で仕事を取ってこなければならない場合、そうはいきません。

特に独立したての1年間は、自分の時間などないと思ったほうがいいです。

会社員から解放された喜びで、だらだらと仕事をしていても、成果は上がりません。

こう考えると独立したほうが、自分の時間がなくなるように感じます。

確かに最初の数年はそうでしょう。

しかし、権利収入ができて、それが機能し始めれば、労働しなくても収入を得ることができます

毎日、好きなことだけして、好きなだけ家族や気の合う友人と過ごすことができます

また、自宅での作業が多い職種を選べば、通勤や身支度に時間を取られません

実感が薄い人も多いですが、この通勤や身支度の時間は毎日かなり浪費されています。

これがなくなるだけでも、かなり時間を有効活用でき、自分の時間が増えることになります。

独立するなら労働収入より権利収入

今まで通り、労働収入を得るなら、会社員のほうがはるかに楽です。

必ず収入が得られるので、生活も安定します。精神的にも安定します。

しかし、労働収入は働けなくなったら収入が途絶えます。

人生100年時代のこれからを考えても、収入が途絶えてしまうのは不安です。

ですから、今から権利収入の積み上げをするべきです。

権利収入なら、権利を保有し続ける限り、収入が途絶えることがありません

独立のメリットとデメリット

メリット

権利収入やオンライン収入の場合の最大のメリットは通勤時間がないことです。

さらに人と直接顔を合わせて話したりしなければ、身支度する必要もありません

時間的にはかなり有効活用できるようになります。

単純にいつも忙しく、時間が足りないと感じている人でも、1日に何時間も空いた時間が作れると思います。

また、一般的な会社員はすべて労働収入です。

自分の体を使って、時間と労働力を提供することによって、対価(給料)を得ています。

言い換えれば、年齢や思わぬ事故や病気などで働けなくなった場合、一切の収入がなくなるということです。

しかし、権利収入の場合は、権利を保有し続ける限り、収入が期待できます

権利を作る際には労働が必要になりますが、一度その権利ができてしまえば、働かなくても収入が得られます

さらに会社員として働く場合、人事権は他の人が握っています。

要は、苦手な人や価値観が全く合わない人とも付き合っていかなければならないということです。

しかし自分が独立した場合、人事権は自分にあります

自分と価値観が合わない人とは関わらなければいいだけです。

苦手な人に無理に合わせて、毎日ストレスを感じる必要もないわけです。

デメリット

初めは、収入面でかなり厳しくなります。

1~2年はまともな収入はないと考えたほうがいいです。

会社員の場合、働き始めれば、必ず翌月末には収入(給料)が得られます。

しかし、独立したての頃は、必ず毎月収入が発生するとは限りません

ひたすら収入が発生する仕組みづくりをします。

この仕組みがうまく機能するようになって、初めて収入が発生します。

努力の質や時間にもよりますが、早い人でも半年から1年はまともな収入がありません。

時間がかかる人は5年以上、全く収入がない人もいます

ただ、5年もかかるということは、毎日の努力の時間が少なすぎるか、極端に質が悪い、もしくは、そもそも自分の適性に合っていない職種を選んでしまっているかです。

自分に合っていない(才能がない)職種でも、努力で補うことはできます。

しかし、才能がある人と比べ、極端に時間がかかります。

個人的には1年ほど質を保った努力をし、それでも成果が出なければ、他の職種を考えたほうがいいと思います。

継続することは大事ですが、他にもっと自分の才能に合った職種があるはずです。

努力を継続する時間

「やり抜く力」が大切なのは説明しました。

それでは、どの程度継続すれば成果がでるのでしょうか。

この「GRITやり抜く力」という本の中では、エキスパートと呼ばれる人たちは、1万時間以上の努力を継続して結果を出したと言っていました。

年間365日、1日も休まず毎日8時間頑張って、約3年半かかります

しかもこの本の中では、継続する努力は質が高いものでなくてはならないと言っています。

質が高い努力とは、集中しておこなう意図的な努力です。

この集中力がもつのは、1日にせいぜい3~5時間が限界だそうです。

のちにエキスパートと呼ばれるような才能ある人たちでもこの時間は変わりません。

あいだを取って、1日4時間で計算してみましょう。

365日休みなしで、約7年かかります

しかしこれは、エキスパートと呼ばれるまでの時間です。

世間が驚くような成果を上げなくても、そこそこの成果ならもっと早く上げられると思います。

その場合でも、努力はそこそこでは駄目です。

集中して、意図的な努力をおこなう必要があります。

あなたは7年ものあいだ、日々努力し続けられるでしょうか。

独立成功には自分を信じて最後までやり通す、「やり抜く力」が必要不可欠です。

しかし先ほども申し上げた通り、努力が自分の目標と違う方向へ向いたら駄目です。

都度、自分の努力がしっかりと目標に向かっているか確認する必要があります。

今やっていることが目標に向かっていないのなら、修正する必要があります。

独立やお金を稼ぐにも色々と方法があります。

同じ権利収入でも、たくさんの職種があります。

自分の才能に合った職種のほうが、少ない努力と時間で成果を上げることができます

その見極めも自分でしなければなりません。

「やり抜く力」が大切だとは言いましたが、それは必ずしも1つの職種を何年も続けることではありません。

他にもっと自分に合った職種があるのに、それをやる機会を失ってしまいます。

自分の性格や思考をきちんと棚卸しして、色々と試してみてください。

「これだ!」と思ったものは、辛くても頑張って継続しましょう。

自分の趣味嗜好に合ったものなら、努力も継続しやすいです。

しかし、楽だからという理由だけで選んではいけません。

自分が辛い、苦しい、と思うくらいの高めの目標設定と努力が必要です。

それが継続できれば、必ず成功します。

タイトルとURLをコピーしました