【Cocoonでのアドセンス広告の貼り方】アドセンス広告の種類と違いもご紹介

【Cocoonでのアドセンス広告の貼り方】アドセンス広告の種類と違いもご紹介ブログ

今回はCocoonでのアドセンス広告種類や貼り方についてご説明します。

この記事は「審査用コードの削除」「アドセンス狩り対策」「ads.txt設定」がお済みの方が対象です。

  

まだお済みでない方は先に別記事よりお済ませください。

特にアドセンス狩り対策必須です。

>>アドセンス合格後にすぐにやること

  

Cocoonでのアドセンス広告の貼り方は比較的簡単です。

なるべく外観を損なわず記事を邪魔しない形での広告表示がいいと思います。

  

しかし、表示数が少なすぎたり、全く目立たなかったらクリックしてもらえません。

微妙な調整がとても難しいです。

Googleアドセンスの自動広告

Googleアドセンス画面を見ると、「サイトごと」と「広告ユニットごと」という項目がありました。

サイトごと」を選ぶとアドセンスが記事に合わせて広告の種類を選んで自動で貼り付けてくれます。

いわゆる「自動広告」です。

  

広告ユニットごと」は、大きく分けると「ディスプレイ広告」と「ネイティブ広告」の2種類あります。

  

ディスプレイ広告」は広告であることを明確に主張するものです。

  

ネイティブ広告」はサイトのコンテンツに自然に溶け込ませるものです。

  

その他に、検索エンジン、リンク広告があります。

リンク広告に関しては、現在(2021年3月)、新規ユーザーは利用できないそうです。

私も利用できません。

  

Googleアドセンスでは「ディスプレイ広告」を推奨しています。

そのため、「自動広告」を選ぶと、大きく広告が表示される「ディスプレイ広告」が選択されるようです。

  

この「自動広告」はあまり評判が良くないようです。

「自動広告」は、サイトの内容を無視してクリック率の高くなる場所に表示します。

  

そのため、デザインの統一性を壊すことが多く、読みづらい記事になり、離脱率が上がると言われています。

  

初心者が、簡単だからという理由だけで「自動広告」を選ぶのはお勧めしません。

きちんと広告ユニットごとに設置することをお勧めします。

  

  

Googleアドセンスの広告ユニットの種類

先ほどご紹介した通り、Googleアドセンスが提供している広告は全部で5種類あります。

ディスプレイ広告と、ネイティブ広告が3種類インフィード広告記事内広告関連コンテンツ)と、検索エンジンです。

  

それぞれの特徴を見ていきます。

  

ディスプレイ広告

  

  

  

コンテンツと広告が明確に分けられた形で表示されます。

サイトの中で非常に目立ち、ユーザーの目を惹きます。

  

ディスプレイ広告には、テキストのみ画像付きの2パターンが用意されています。

また、サイズはスクエア横長タイプ縦長タイプの3種類があります。

  

専有面積が広いディスプレイ広告は、存在感抜群で、サイト全体の印象に大きく影響します。

そのため、配置場所によって、クリック率も大きく変わってくると言われています。

  

ネイティブ広告(インフィード広告)

  

サイトの記事一覧に表示される広告です。

記事と記事の間に表示されます。

  

デザインやフォントを記事一覧に合わせて変更することができます。

さらに、背景色を変更することもできるので、より自然に紛れ込ませることができます。

  

設置方法は、自動挿入とコードを手動で入力する2種類あります。

  

  

ネイティブ広告(記事内広告)

  

記事の本文中に表示される広告です。

デザインやフォント、背景色を変えることで自然に馴染みます

  

文章を読むのに邪魔にならないように処理された広告です。

クリック率が高く、上手に配置できれば、稼ぎ頭になると言われています。

  

とはいえ、あまり表示させすぎると、記事を読むことを阻害します。

適度な表示を心掛けましょう。

  

設置方法は、自動挿入はなく、コードを手動で入力する方法のみです。

  

ネイティブ広告(関連コンテンツ)

記事下の関連記事一覧の中に表示される広告です。

自分のサイト記事に混じって、他サイトの記事が広告として表示されます。

  

要は、他サイトへの誘導するための広告です。

いくつかサイトを運営している人には有用です。

  

関連コンテンツは、サイトのページ数やアクセス数が一定以上にならないと開放されないようです。

私のサイトではまだ開放されていません。

  

検索エンジン

  

Googleの検索エンジンの検索バーをサイトに追加する機能です。

ウェブ全体を検索対象とすることもできますし、サイト内部の情報のみを検索対象とすることも可能です。

  

検索結果のページ上部に広告が表示されます。

検索バーはサイトの好きな位置に配置することができます。

  

Google検索がサイト内になることにより、信頼度が上がり、見た目が良くなるなどの利点がありそうです。

  

しかし、広告収入はそれほど望めなさそうです。

特に必要ないと思い、私は設置していません。

  

  

CocoonでのGoogleアドセンス広告の貼り方

Googleアドセンスからディスプレイ広告のタグを取得

まずはGoogleアドセンスの管理画面にログインします。

それから、「広告」をクリックします。

  

  

「サイトごと」「広告ユニットごと」「全般設定」とあります。

広告ユニットごと」を選びます。

  

その中から、Google AdSenseが推奨している「ディスプレイ広告」をクリックします。

  

  

ディスプレイタイプは、「スクエア」が使いやすいと思います。

広告サイズは、「レスポンシブ」を選んでください。

  

レスポンシブとは、ページレイアウトに合わせて調整してくれる広告サイズです。

最後に左上の広告ユニットの名前を入力して作成ボタンを押します。

  

広告ユニット名はご自身が分かるものであればなんでも構いません。

私は「ディスプレイ広告」としました。

  

  

ここで作成したコードをコピーします。

コードをコピーしたら、完了ボタンを押して画面を閉じます。

  

一度閉じてしまった後でも必要な時に何度でもコードを確認できます。

  

  

先ほどの「広告ユニットごと」の画面で、「新しい広告ユニットの作成」の下に「既存の広告ユニット」というものがあると思います。

その中に、先ほど保存した名前でコードがあると思います。

  

<>マーククリックすると再度コードが取得できます。

  

CocoonでのGoogleアドセンス広告コードの貼り方

まずはWordPressにログインします。

次にWAFというサーバー会社のセキュリティ設定を解除しておきます。

  

Cocoonの広告設定はセキュリティを解除しておかないと保存できません

私はConoHa WINGを使用しているので、WordPressの画面内でON・OFFが簡単にできます。

  

違うサーバーをご利用の方は、各サーバー会社のコントロールパネルから解除してください。

  

  

WAFを解除したら「Cocoon設定」から「広告」タブを選択します。

  

  

下へスクロールしていくと、「広告コード」という場所があります。

そこへ先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

  

  

アドセンス表示方式」は「マニュアル広告設定」を選びます。

さらに「広告の表示位置」を任意で設定します。

  

ご自身が表示させたい場所に✅を入れてください。

  

インデックスページの表示位置

  

インデックスページの表示位置」のミドルに✅を入れると、上の画像のように表示されます。

  

  

広告のサイズは場所によって変更することができます。

ここで広告の各サイズについてご紹介します。

  

オート(AdSenseにおまかせ)

  

オート(AdSenseにおまかせ)の場合、やはり大きく表示されます。

本文の中にかなり大きく表示されるため、読むのを妨げる可能性があります。

  

存在感抜群ですが、読者に不快感を与える可能性が高く、お勧めしません

  

バナー

  

私はこれを採用しました。

ディプレイ広告を選んでいるので、それなりに存在感もあります

  

バナー広告はサイズも小さく、広告だとはっきりわかる上に、記事の邪魔もしません

最適だと判断しました。

  

レスポンシブレクタングル

  

レスポンシブ」なので、記事の幅などに合わせて自動で大きさが変わります

横幅に合わせるため、PC表示の場合、かなり大きくなります

  

オート同様、本文の中にかなり大きく表示されます。

お勧めしません。

  

シングルレクタングル

  

画像のように正方形の広告です

PC画面では、中央に表示され、左右に大きくスペースが空きます

  

スマホ画面では比較的きれいに表示されます。

しかし、存在感があり過ぎると感じました。

  

ダブルレクタングル

  

シングルと比べ、左右のスペースは気にならなくなります

スマホ画面では、シングルになります。

  

やはり存在感があり過ぎると感じました。

  

記事内広告

  

記事内広告も、「オート」「レスポンシブ」同様、かなり大きく表示されます。

やはり存在感があり過ぎると感じました。

  

記事内広告をこの大きさで表示させる場合は、ネイティブ広告で表示することをお勧めします。

  

リンクユニット

  

現在、新規ユーザーはリンク広告が使用できないので、画像のように空欄で表示されます。

新規ユーザーは無視して構わないユニットです。

  

ラージスカイスクレイパー

  

画像のように、サイドバーなどに縦長に表示させるタイプの広告です。

非常に存在感があり目立ちますが、不快感も与えそうです。

私は採用していません。

  

それぞれ設定が終わったら下までスクロールして「変更をまとめて保存」ボタンを押します。

  

保存できたら、先ほど解除したWAFセキュリティを再度設定してください。

大切なセキュリティ設定ですので、くれぐれもお忘れなく。

  

  

Cocoonで記事内の任意の位置にアドセンス広告を貼る方法

Cocoonでは、記事内の任意の位置に簡単にアドセンス広告を貼ることができます。

デフォルトで✅が入っていると思いますが、念のため確認してください。

先ほど同様、「cocoon設定」の「広告」タブから確認できます。

  

[ad]ショートコードに✅が入っていない場合は、入れてください。

先ほどの広告同様、広告サイズを選ぶことができます。

  

ここでも「バナー」がお勧めです。

あとは記事作成中の本文に、自分が入れたい場所に[ad]と書き込むだけです。

  

これだけで簡単に広告を入れることができます。

非常に便利な機能です。

  

まとめ:Cocoonでのアドセンス広告貼り付け位置は正解が難しい

Cocoonでのアドセンス広告貼り方をご紹介しました。

広告の種類貼り付け場所正解が難しいです。

  

ブログサイトの雰囲気は、それぞれ違います。

何度も試して、自身のブログに合った広告サイズと場所を見つけるしかありません。

  

非常に時間がかかりますし、とても大変です。

しかし、上手に貼り付けられると、ブログ全体の雰囲気も良くなります。

私は楽しみながら、試行錯誤しています。

  

※※※※※

SEO対策としてトップページブログ型からサイト型へ変更するというものがあります。

サイト型トップページにすることにより回遊率が上がりSEO対策になります

>>【Cocoon設定】サイト型トップページの作り方

タイトルとURLをコピーしました