【Googleアドセンス合格後すぐにやるべき3つ】アドセンス狩り対策・ads.txt設定・審査用コード削除

アドセンス合格にすぐにやるべきことはアドセンス狩り対策ブログ

Googleアドセンス合格後すぐにしなければならないことがあります。

アドセンス狩り対策ads.txt設定審査用コード削除3つです。

  

特にアドセンス狩り対策Googleアドセンス広告を貼る前に設定するべきです。

私のブログでは、サーバーはConoHa WING、テーマはCocoonを使用しています。

  

ブログでご紹介する設定方法は、この2つを使用したものになります。

基本的な流れ他のサーバーテーマでも同じです。

  

Googleアドセンス申請時に貼った審査用コードの削除

まずはWordPress内に貼ったアドセンス審査用コードを削除します。

審査用コードは、自動広告の役割も果たしているようで、勝手に広告が付いてしまいます。

  

自動広告の場合、自分が貼りたい場所とは関係ない場所に付くことがあります。

私も自動広告を試してみましたが、キャッチ画像かと思うくらい目立つ場所に設置されました。

  

明らかに外観を損ない記事の邪魔をしてしまいます。

広告ユニットごとに作成することをお勧めします。

  

削除に関しては、登録の逆をするだけですので簡単です。

審査の際にコードを貼った場所に行って、削除して更新するだけです。

  

私はCocoonを使用していますので、Cocoonでの削除方法をご紹介しておきます。

  

  

WordPressCocoon設定から、「アクセス解析・認証」タブを選びます。

  

  

下へスクロールしていって、「その他のアクセス解析・認証コード設定」のヘッド用コードにあるコードを削除します。

私の画面は削除済みのものです。

  

赤の四角い枠内にアドセンス認証コードが貼ってあるはずです。

これを削除してください。

  

削除したら下までスクロールして保存してください。

  

  

この時、画像のような表示が出てきて保存できない場合は、サーバー会社の「WAF(Web Application Firewall)」というセキュリティ対策が邪魔をしています。

  

セキュリティ対策を解除しなければ保存できません。

  

解除は、各サーバー会社のコントロールパネルからできます。

ご自身がお使いのサーバーでご確認ください。

  

私が使用しているConoHa WINGは、WordPressの画面からWAFのON・OFFがおこなえます。

これが非常に便利です。

  

WordPressの一番下に、ConoHa WINGというプラグインがプリインストールされています。

こちらを開くと簡単にON・OFFができます。

  

  

ConoHa WINGを開くとセキュリティ設定があるので、利用の✅を外します。

それから「設定を保存する」を押します。

  

WAFは大切なセキュリティ設定ですので、認証コードの削除が終わったら必ず戻してください

  

スポンサーリンク

  

Googleアドセンス広告を貼る前にアドセンス狩り対策をする

アドセンス狩りという言葉をご存じでしょうか。

Googleアドセンスでは、このように規定されています。

  

パブリッシャー様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

出典:AdSenseヘルプ

  

自分でのクリックはもちろん、第三者のクリックでも違反行為とみなされます。

悪質なものと判断されれば、即時広告停止となります。

  

これを利用した悪意ある行為が、アドセンス狩りです。

禁止行為を繰り返しおこない、広告停止に追い込む行為です。

  

このようなことにならないように、広告を貼る前に対策をすることをお勧めします。

お勧めは「AdSense Invalid Click Protector(AICP)」というプラグインを使った対策です。

  

このAICPは非常に優秀です。

特徴としては以下です。

  

プラグインAICPの特徴

✅設定時間内に指定回数以上クリックしたユーザーをブロック

✅ブロックしたユーザーをアクセス不可にできる

✅ブロックしたユーザー情報の取得

✅ブロック回数をカウントしてくれる

✅過去のブロック履歴が見られる

  

アドセンス狩りは卑劣な行為です。

ブロックするだけではなく、ユーザー情報も取得して対抗しましょう。

  

では、早速インストール方法を見ていきます。

とても簡単ですので、3分でできます。

  

  

まずは、プラグイン画面の「新規追加」を押します。

  

  

次に「キーワード」欄に「AdSense Invalid Click Protector」と打ち込みます。

するとプラグインが出てきますので、それをインストールして有効化します。

  

  

初期設定のままで問題ないですが、変更したい場合はsettingsから変更できます。

  

  

画面の数字は、上から「クリック制限の回数」「有効期限(時間)」「訪問者の禁止期間」です。

この3つの数字以外は変更しないでください。

  

私は制限回数を3から5へ変更しました。

それ以外は変更していません。

これはお好みでいいと思います。

  

スポンサーリンク

  

Googleアドセンス合格後すぐにads.txt ファイルの問題を修正する

Googleアドセンス画面のトップに「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」と出ていました。

  

ads(アズ)とはAuthorized Digital Sellers(認定されたデジタル販売者の略です。

ads.txtは、ad fraud(アドフラウド)を防ぐためのものです。

  

ad fraudとは、日本語で「広告詐欺」と訳します。

要は、ads.txt「なりすまし」や「不正行為」で広告主から広告費をだまし取るサイトではないことを証明するためのものだということです。

  

ad fraudを防ぐために自サイトのIDと紐づけし、「なりすまし」を防ぎます。

広告主を助けるためのものですが、アドセンスの場合、サイト側の評価が下がることもあるそうです。

  

現在は必須ではないようですが、今後必須となる可能性が高いです。

簡単に設置できるので、私は設置しておきました。

  

  

まずはアドセンス画面の警告表示の「今すぐ修正」を押します。

そこから「ads.txt ファイル」をダウンロードします。

  

そのファイルを自分のサーバーに貼り付けます。

設定方法は各サーバー会社でご確認ください。

  

ConoHa WINGの方はこちら

出典:ads.txt設定を利用する|ConoHa WINGサポート

  

エックスサーバーの方はこちら

出典:ads.txt | レンタルサーバーならエックスサーバー

  

  

適切に設置されれば48時間程度で警告は消えるそうです。

私の場合は、24時間程度で消えました。

  

「解決済み」となっていれば問題解消です。

  

まとめ:Googleアドセンス合格後はすぐに3つのことをおこなう

アドセンス申請に合格した時にすぐにやるべきことは3つです。

  

Googleアドセンス合格後にやるべきこと3つ

申請時に貼った審査用コードの削除

アドセンス狩り対策

ads.txt ファイルの問題を修正

  

簡単にすぐできることばかりです。

3つすべておこなっても1時間かかりません

  

すぐにできることですので、しっかりと設定してください。

アドセンス狩り対策などが済んだら、いよいよ広告の設置をしていきます。

  

アドセンス狩りや自サイトの評価が下がる可能性などを事前に対策した後、広告を設置することをお勧めします。

  

※※※※※

広告の設置方法はこちらをご参照ください。

>>【Cocoon設定】アドセンス広告の貼り方と種類

タイトルとURLをコピーしました