【経営者マインド】経営者の特権を考える

職歴×転職

経営者は税金を最小限に抑える

経営者と労働者では税金の払い方が全く違います。

経営者の税金の払い方はこうです。

お金を稼ぐ⇒お金を使う⇒税金を払う

対して、労働者の税金の払い方はこうです。

お金を稼ぐ⇒税金を払う⇒お金を使う

2つの違いがお分かりになるでしょうか。

所得税をはじめ、多くの税金は稼いだ金額に対して支払うと思っていませんか?

普通の労働者はそうです。

しかし、経営者は稼いだ金額に対して税金を支払っているわけではありません。

「経費」という制度を上手に利用しています。

例えば、会社の場合、パソコンやテレビなどを購入しても、業務で使用するものであれば、経費として計上できます。

稼いだ金額からこの経費を引いて、それに対して税金を支払います

日常の生活費すべてを経費として計上することはできませんが、経営者はこの経費をうまく利用しています。

例えば、個人事務所や個人事業主の場合、自宅兼事務所などということもあります。

きちんと申請して認められれば、家賃も経費として計上できます。

光熱費なども認めらることもあります。

先ほど申し上げた、パソコンやテレビもそうです。

経営者は、この経費を利用して、税金の支払いの前にお金を使います

一方、労働者は、稼いだ金額に対してそのまま税金がかかります

税金が差し引かれた状態で、給料として口座に振り込まれます。

振り込まれた金額で、家賃や光熱費を払って、パソコンやテレビを購入します。

どちらが多く税金を払っているか一目瞭然です。

経営者は働かない

経営者は働かないというと言いすぎですが、きつい労働は最初の仕組みを作る時だけです。

きつい面倒な労働は、他者へ任せてしまえば、自分が労働する必要はありません

他者に任せた労働成果でお金を稼ぎ、その稼ぎから他者へ賃金を支払います。

残ったお金が自分の儲けになります。

この仕組みを作り出すための最初の労働は必要です。

しかし、いったん仕組みができてしまえば、あとは管理するだけです。

その管理も外注してしまえば、それこそ何もしなくてもお金が入ってきます

お金を稼ぐ権利を作って、その権利で収入を得る、いわゆる権利収入です。

稼いでいる人は、これをうまく活用しています。

今は、Youtubeやブログで稼ぐことができます。

これを毎日更新するなどは、かなり大変です。

しかし、この大変な作業を、お金を使って外注します。

他者に外注したブログ記事や動画ネタをお金で買って、権利を獲得します。

その権利を利用して、上手に稼ぎます。

自分は、ほぼ労働しなくてもいいわけです。

いわゆる、お金に働かせて、お金を稼ぐというものです。

経営者マインドを手に入れる

経営者といっても、別に起業しなくてもいいと思います。

ただ、経費という制度を有効活用したいなら、法人化が必要です。

これからは、みんなで協力して稼ぐ「会社」より、「個人」で稼ぐ時代になっていくと思います。

しかし、個人で稼ぐ場合でも、経営者としての思考は必要になります。

そのために、お金の流れや税金の仕組みなどを知る必要があります。

収入を得るための権利(資産)を築いていかなければなりません。

良い資産と悪い資産

資産と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

マイホーム、マイカー、高級時計、貯金などでしょうか。

残念ながら、今挙げた資産は、すべて悪い資産になります。

悪い資産というのは、買った瞬間から価値が下がり、資産価値が落ちていくものです。

さらに言うと、お金を生んでくれないものです。

家や車は、買って使えば、価値が下がります。

高級時計もそうです。身につけた瞬間に価値が下がります。

貯金は、額は変わりませんが、時代の流れで物価が上昇すれば、相対的に価値は下がります。

良い資産とは、価値は変わらず、さらに収入を生み出してくれるものです。

権利収入がそれに当たります。

権利収入にはいくつか種類があります。

例えば、株や不動産などの「投資」、CDや本などの「印税」、Youtubeやブログなどの「広告収入」です。

権利収入で一番有名なのは、投資だと思います。

しかし、個人的にはこれはお勧めしません

なぜなら、場合によっては、資産価値が下がるからです。

「投資」よりも、もっと危険なのが「投機」です

簡単に言うと、株やFXなどで短期売買し、利益を積み上げるのが「投機」です。

「投資」は長期、「投機」は短期と解釈してもいいと思います。

短期になればなるほど、ギャンブル性が増します

保有する権利は、確実に得をするものでなければなりません。

一番現実的で、確実なのが、「広告収入」です。

つまり、Youtubeやブログなどです。

この権利がうまく稼働し、稼げるようになるには、かなり時間がかかります

多くの人が、この時間に耐えられず、途中で挫折してしまいます。

しかし、あらかじめ時間がかかることが分かっていれば、耐える方法はいくらでもあります。

その時間を短くする方法だって、いくらでもあります。

この仕組みがうまく稼働すれば、自分は働かなくても、お金が勝手に入ってきます。

経営者の最大の特権は、この不労所得ではないでしょうか。

金銭的な不安に縛られず、自分のしたいことをして生きていくことができます。

自分の時間を、自分のために使うことができます。

経営者マインドを手に入れて、良い資産をたくさん築きましょう

タイトルとURLをコピーしました