【我慢の限界を超えない方法】閾値の読み方と意味

【我慢の限界とは】閾値の読み方と意味生活×心理学

我慢の限界とは、我慢の閾値とも言い換えられます。

  

閾値読み方は「しきいち」です。

意味は「ある反応を起こさせる最小の刺激」です。

  

我慢の限界(閾値)高い人低い人がいます。

  

閾値が高い人なかなか我慢の限界に達しません

ようは怒りにくい人です。

  

逆に閾値が低い人すぐに限界に達します

怒りやすい人です。

  

閾値が低い人はすぐに我慢の限界に達しイライラして人に当たることになります。

そうならないように自分の我慢の閾値を知って対処しなければなりません。

我慢には限界がある

我慢の閾値ひとそれぞれ違いますから、自分の我慢の限界を知ることが重要です。

我慢とはストレスにじっと耐えることです。

  

ストレスが溜まったら発散すればいいですが、発散できなければ溜まり続けます

いつまで耐えられるか、これが我慢の限界です。

  

今はみんなが、外出を自粛したり、給料が下がったことにより買い物を我慢したりしています。

ここにさらにダイエットなどして、食欲を我慢したりすれば、あっという間に閾値に達してしまいます

  

自分の我慢の限界はどれくらいか、何を優先して我慢するべきか考えましょう。

一度に多くを我慢してはいけません

  

我慢の限界を超えればイライラしたり人に当たってしまったりするからです。

  

我慢の限界を超えてはいけない

我慢の限界を超えれば、普段なら気にならない許せることでも許せなくなります

そうなれば、無駄に人と争うことにもなりかねません。

  

ただでさえ、外出自粛などで我慢が続いているわけですから、これ以上我慢を増やすのは得策ではありません

  

外出しないせいで運動できず、太るからと言って、ダイエットをする人がいます。

適度な運動はストレス発散になります。

  

しかし、過度な運動食事制限はさらにストレスを増やします

我慢が続いているのに、これ以上我慢の原因を増やす必要はありません

  

優先すべき我慢を考える

やらなければならないことを書きだす

まずは、自分がやらなければならないことを考えます。

  

やらなければならないことは何か

・仕事をする

・外出を自粛する

・節約(欲しいものを我慢する)

・副業(毎日ブログを更新する)

・副業(Youtubeの動画を作成する)

・副業(SNSでつぶやく)

・副業(毎日、本を読む)

・ダイエットする(食事制限)

・ダイエットする(運動)

  

例えば、このような「やらなければならないこと」があったとします。

  

仕事は、しないという選択肢はあり得ません

仕事が楽しい人は、ストレスはありませんが、嫌だと思っている人にはかなりのストレスです。

  

外出自粛も自分のためだけではなく大切な人たちのためにも守らなければなりません

外出自粛は、もともと出不精な人は問題ありませんが、お出かけ好きにはかなりのストレスです。

  

副業などを頑張っている人も、習慣化されていればそれほどストレスを感じないと思いますが、そうではない人は、かなりストレスを感じる人もいると思います。

  

そして、ダイエットもそうです。

適度な運動でストレス発散できればいいですが、無理に痩せようとして、過度な運動をすれば、かなりのストレスになります。

  

食事制限ももちろんストレスです。

  

人によってストレスを感じる度合いが違います

さらにストレスに耐えられる限界値も違います

  

閾値を超えればイライラし、心が不安定になります。

体調も崩すかもしれません。

  

自分の閾値を確認し、一度にたくさん我慢をしないことが重要です。

  

やらなければならないことに優先順位をつける

やらなければならないことの優先順位

優先順位が高い

・仕事をする

・外出を自粛する

優先順位が低い

・節約(欲しいものを我慢する)

・副業(毎日ブログを更新する)

・副業(Youtubeの動画を作成する)

・副業(SNSでつぶやく)

・副業(毎日、本を読む)

・ダイエットする(食事制限)

・ダイエットする(運動)

  

優先順位が高い仕事」や「外出自粛」で限界値ギリギリなら、節約や副業ダイエットは諦めましょう

  

まずは仕事や外出自粛に慣れ閾値まで余裕ができたら次を始めればいいと思います。

外出自粛習慣化すれば、それほどストレスを感じずに続けることができます。

  

副業ダイエットは、あえて細分化してみました。

一度に全部をやろうとするとパンクするからです。

  

ダイエットも、運動を頑張るなら食事制限はしない、などでいいと思います。

そして、運動が習慣化されて、ストレスをあまり感じなくなったら、食事制限に入ります。

  

ダイエットがうまくいったら、副業に入ります。

副業も、一度に全部は出来ませんから、まずは本を読んで勉強します。

  

本を読むことが好きな人は全くストレスになりません。

そういう人は、他のことを始めましょう。

  

しかし、本を読むのが苦痛な人もいます。

その場合は、本を読むことが習慣化されて、知識が増えてから、ブログや動画を作るといいと思います。

  

SNSでつぶやくことも、好きな人はすぐに始められると思います。

しかし、苦手な人は、優先順位を考えて順位の高いものが習慣化されたら次を始めるといいです。

  

頑張りすぎない

日本人ストイックに頑張る人が多いです。

もちろん頑張らなければ明るい未来はありません。

  

しかし、我慢の限界を超えて頑張れば自分だけではなく周囲も巻き込んでみんな不幸になります。

我慢が続く今だからこそ、頑張りすぎないでください。

  

適度にストレス発散をして、自分にご褒美をあげましょう。

  

批判しない

肝心なことは、周りが他人のストレス発散やご褒美を批判しないことです。

  

我慢の閾値は人それぞれです。

それを超えそうになって、休憩しているときに批判されると、それがストレスになってしまいます。

  

争いが生まれる原因にもなります。

それぞれがきちんと考えて効率よくストレスを発散しているのですから、他人が何か言うべきではありません

  

親や上司であっても同じだと思います。

仕事などで、期日に間に合わないなどはいけません。

  

しかし、やることさえやっていれば適度に休憩してもいいと思います。

それを「働いていない」などと批判してはいけません。

  

親が子どもに「もっと勉強しろ」などとストレスを与え続けてもいけません。

  

我慢の閾値はその人にしかわかりません

他人が決めることではないと思います。

  

「限界ギリギリまで頑張れ」という言葉をよく聞きます。

早く成長するには必要なことです。

  

しかし、この「限界ギリギリ」が分かっていなければ限界を超えてしまいます

自分でも気づかないうちに超えてしまったら心が壊れ体調を崩します

  

自分の我慢の閾値をはっきり認識するまで、ギリギリを攻めるのは控えたほうがいいと思います。

ストレスが多い社会ですから、余裕をもって生活しましょう。

  

批判しない」「批判されない」世の中になれば、正しく安全な努力ができるようになると思います。

  

まとめ:我慢の閾値を知って適切に対処すると我慢強い人になれる

我慢の閾値ひとそれぞれ違います。

自分の我慢の閾値を知って上手に我慢をコントロールしましょう。

  

コントロールできれば我慢の限界に達することはありません

ポイント閾値を超えない我慢に慣れることです。

  

慣れたら次の我慢へ移行します。

自分の我慢の限界を広げる方法です。

  

さらに他人を批判することもやめましょう

他人を批判しない他人から批判されないことによって、ストレスを最小限に抑えて我慢に慣れることができます。

  

※※※※※

最近、スマホパソコンテレビなどのデジタル機器長時間使用することによる体の不調を訴える人が増えています。

この体の不調を軽減させるのがデジタルデトックスです。

  

一定期間デジタル機器から距離を置くことで、デジタル機器による影響を軽減させるものです。

詳しくは別記事をご覧ください。

>>デジタルデトックスのやり方を詳しく解説

  

番外編:「我慢の限界」を英語で表現する

国際社会になり英語での表現を知りたい方も多いと思います。

もう我慢できない!」という意味の英語表現をご紹介します。

  

 I can’t take it anymore!

  

「これ以上受け入れることができない」という許容量の限界を言います。

  

さらに「That’s it!」をつけると「そこまで!」という意味になり強調できます。

  

That’s it!

I can’t take it anymore!

  

我慢の限界を超える前に閾値をコントロールしましょう。

タイトルとURLをコピーしました