【ITエンジニア派遣の営業】法人営業の良いところ大変なところ

【ITエンジニア派遣】法人営業の良いところ大変なところ 職歴×転職
スポンサーリンク

私は自社のITエンジニア大手企業などに派遣する特定派遣業の会社で営業をしていた経験があります。

営業になった経緯と経験をITエンジニア業界のことにも触れてお話ししたいと思います。

営業になった経緯

最初の会社を辞めたのは31歳の時でした。

長く続く不況と経営状況の悪化で信頼していた上司や先輩社員が次々に退社し、外部から入って来たワンマン社長に嫌気がさし退職しました。

次の仕事は何にしようかと考えたときに、学生時代になりたかったITエンジニアが頭に浮かびました。

早速ITエンジニアを募集している企業に応募しました。

30社ほど応募して、面接に通ったのは1社だけでした。

その他の企業は、全て書類選考で落とされ、面接のチャンスすらいただけませんでした。

接客販売・スーパーバイザー・バイヤーは十分に経験がありましたが、ITエンジニアとしての経験はゼロでした。

専門学校の情報処理科は出ていましたが、未経験で30歳を過ぎると面接すらしてもらえませんでした。

書類選考に通った1社に面接に行きました。

そこでもやはり、ITエンジニアとして採用するのは無理だと言われました。

IT業界は、30歳以上の未経験に本当に厳しい世界です。

しかしその時、営業として働いてみないかと逆に提案されました。

さらに、会社に入って営業として働けば、エンジニアに転向することもできるという話までいただきました。

他にチャンスがなかったため、この1社に賭けることにしました。

これが営業になった経緯です。

ITエンジニアを目指すなら30歳まで

未経験者が、ITエンジニアを目指して企業に就職したいなら、30歳までです。

これを過ぎたら、情報処理科を出ていても意味がありません。

資格を持っていても、採用してくれるところは極わずかです。

経験がなければ、ほぼ転職不可能です。

逆に言えば、未経験でも情報処理科を出ていなくても、30歳以下ならチャンスはあります。

私が入社した3か月後に入って来た社員の話です。

彼は未経験で30歳でした。

大学も文系です。

IT系の資格は、ひとつも持っていません。

さらにこれまで、正社員としての経験もありませんでした。

しかし、30歳ということでエンジニアとして採用されました。

彼いわく、

パソコンは毎日触っているから自信があります!

とのことでした。

こんな理由で採用されていました。

彼の営業担当になり、取引先に派遣することにしました。

するとある日、預けていたチームリーダーから電話がありました。

シャレにならないからすぐ引き上げてくれ!

と言われました。

何かと思って、話を聞きに行きました。

するとチームリーダーから衝撃の話を聞きました。

ある日のこと、チームリーダーが彼にファイルのコピーを頼んだ時のことです。

さっきのファイル、これにコピーしてきて

分かりました!

彼はチームリーダーに渡されたUSBメモリをコピー機でコピーしてきたそうです。

あれ?  俺、何頼んだんだっけ?

一瞬、自分が何を頼んだのか分からなくなったそうです。

また別の日のことです。

パソコンの電源、落としといて

分かりました!

すると、いきなり電源を引っこ抜いたそうです。

それも取引先のお偉いさんの前でです。

さすがにまずいと思って、チームリーダーが私に相談してきたというわけです。

彼はシャットダウンを知らなかったそうです。

いつも自宅でもそうしていると言っていました。

極端な例ですが、そんな人でも、30歳までならエンジニアになるチャンスがもらえます。

1歳でも過ぎればチャンスすらもらえません。

今、ITエンジニアを目指す人が増えています。

しかし、30歳を過ぎている人は残念ながら、チャンスすらもらえない可能性が高いです。

少しでも興味がある20代の人は、早めに就職することをお勧めします。

給料を貰いながら勉強ができるなんて、夢のような話です。

企業で経験を積めば独立だって夢じゃありません。

  

IT未経験就職したいならIT学習IT就職ダブルサポートがおすすめです。

ITエンジニアの就職なら【ウズキャリIT】

  

すでにITエンジニアキャリアがある方はこちらで年収アップを目指しましょう。

Webエンジニアの転職なら【転職ドラフト】

営業の良いところ

私は営業にはネガティブなイメージがありました。

自分がいいと思うもの、もしくは収益のために売りたいものを無理やり売りつけるという印象だったからです。

それが扱う商品が、物ではなく人になったらと思うと、営業として働くのは、かなり躊躇しました。

しかし、実際はそんなことはありませんでした。

エンジニアの人はいい職場で働きたがっています。

彼らが働きたいと思えるような職場を探し、提案し、マッチングさせるという仕事です。

エンジニアにとっても、取引先にとっても、WINWINの関係が築ける仕事です。

やりがいもあり、エンジニア業界のことを知ることもでき、有意義な仕事だと感じました。

また、接客販売でのコミュニケーションスキル、バイヤー業務での折衝交渉力なども十分に活かせる仕事でした。

個人的に一番の良いところは、美味しいランチが食べられるところでした。

営業なので、外出が多くなります。

毎週、派遣先のチームリーダーや、取引先の人との打ち合わせがあります。

ランチをしながらの打ち合わせも多く、それが楽しみでした。

派遣先のエンジニアに、美味しいランチのお店をリサーチしてもらっていました。

また、喫茶店などでのお茶代も経費になるので楽しめます。

打ち合わせに遅れないように早めに到着するので、時間を潰すため、よく喫茶店を利用していました。

意外と待ち時間などが多い仕事なので、時間を有効活用すれば、自己啓発の時間にも当てられます。

営業の大変なところ

一般的に営業というと、まずは飛び込み営業からさせられます。

未経験者でも経験者でも、入社したては絶対にやらされると思います。

迷惑そうに電話を切られることに慣れなければなりません。

この飛び込み営業というのが、本当に非効率だと感じました。

相手にとっても、自分にとっても何のメリットもない無駄な時間を過ごさせます。

さらに、精神的にもかなりきつい行為です。

新入社員は、飛び込み営業で精神を鍛えるなどという昔ながらの根性論は、今は時代遅れもいいところです。

こんな非効率なことをしているから、日本は先進国の中でも生産性が最下位なのだと感じました。

まとめ:ITエンジニアになりたかったら早めに転職する

営業のメリットは、意外と空いた時間が作れることです。

営業は一人で行くことが多いので、気楽でやり方によっては、自分の時間がいくらでも作れます。

デメリットとしては、最初は飛び込み営業をさせられることです。

これは非常に非効率で、精神的にもきつい仕事です。

日本の営業職では、最初は飛び込み営業をして精神を鍛えるという昔ながらの根性論が存在します。

メリットとデメリット、どちらを強く感じるかは、その人次第です。

自分が働く職場は、自分で働きやすくしていくものだと思います。

また、ITエンジニアを目指している人は、早めに転職することをお勧めします。

迷っている時間はありません。

   

※※※

ひとつ残念だったことは、結局ITエンジニアにはなれなかったことです。

入社してから知ったのですが、営業からエンジニアに転向した事例はありませんでした。

当時の面接官に伺ったところ、どうしても営業として採用したかったので、少し誇張して話したとのことでした。

絶対に転向できないという規定はないとのことでした。

しかし、前例がない以上、難しそうだったので退職しました。

2年弱でしたが、営業経験は積ませていただきました。

前職のリソースも活かせたので、結果もついてきました。

入社から1年半ほどで、支店のNo.2のポジションまで昇進しました。

経験を積めたので、時間を無駄にしたとは思っていません。

退職後大学で勉強しながら、日本語教師養成講座受講し、日本語教師になりました。

その時のお話はこちらでしています。

【日本語教師歴10年】資格・給料・英語力など解説

  

最近では中高年の方も手軽に在宅で稼ぐ人が増えました。

稼ぎながら学ぶ【TechGardenSchool】
タイトルとURLをコピーしました