【働き方改革】これまでの知識と経験を活かす

職歴×転職
スポンサーリンク

働き方改革

働き方改革」は2018年6月に可決されました。

日本は今、少子高齢化に伴う労働者の減少や、育児や介護との両立など、様々な問題解決が急がれています。

働く人たちのニーズの多様化に合わせて、

就業機会の拡大や意欲と能力を存分に発揮できる環境作りが重要な課題

とされています。

この課題解決のため、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が、2018年7月6日に公布されました。

出典:厚生労働省 「働き方改革」の実現に向けて

時代の流れに取り残されるな

以前は世界から勤勉な国だと思われていた日本も、生産性の低い国だと思われています。

いまだに「飲みニケーション」や「飛び込み営業」をしている企業があるからです。

うちにも要らないチラシが大量に入っていたり、しつこくインターホンを鳴らす飛び込み営業が来ます。

非常に生産性が低い行為です。

はっきり言って、ただの根性論です。

また、モラルの制限が厳しくなったことにより、パワハラモラハラという言葉も多く聞かれるようになりました。

そしてAIの台頭で、単純な反復作業は機械に任せた方が確実だというのが常識になっています。

過去のやり方をしていては、今の時代に取り残されるということです。

あなたはそれでも、今の会社にしがみつきますか?

今、変わらなければ、時代の流れに乗れず、あっという間に失業しかねません。

知識と経験を活かす

これまでの知識経験を活かす際に重要なことがリソースです。

リソースとは、資産資源という意味です。

社会人として働いた経験がある人は、必ず自分だけのリソースがあるはずです。

この自分だけのリソースを理解して、自分にあった分野で挑戦しなければなりません。

その為にも、すでに持っているリソースの棚卸しをしてください。

最近、インターネットの力を過信して、ネットビジネスで失敗する話をよく耳にします。

インターネットは夢が叶う魔法のツールではなく、単なる道具です。

自分の知識や経験がない分野に挑戦してしまうと、失敗する確率が高くなります。

ネットビジネスに参戦すれば一攫千金が狙えるというのは妄想です。

もちろんインターネットの知識や経験がある人は一攫千金も狙えると思います。

要は、今現在の知識と経験がどれだけ活かせるかでビジネスを選ぶべきだということです。

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、

多数の人に支持されているものが、さらに選択されやすくなる

というものです。

例えば、みんなが良いというものが良く見えたり、みんなが使っているから安心だと感じたりすることです。

ネットビジネスで成功した人の話をよく耳にすると思います。

何度も聞いていると、いいなと思い、自分も挑戦したくなるわけです。

しかし、インターネットの知識もネット業界で働いた経験もない人が一から覚えるには時間がかかり過ぎます。

特に40代以降の方は、学生時代にスマホなどなかったと思います。

ネットビジネスで成功しているのは、若者が圧倒的に多いです。

それは小さい頃から慣れ親しんでいて、リソースがあるから成功したのです。

顧客にとっての価値

収入には2種類あります。

労働収入権利収入です。

労働収入は、文字通り、自分の時間と体を使った肉体労働です。

自分の時間と体を提供することにより、対価(給料)を貰います。

対して、権利収入とは、権利を構築して収入を得ることです。

今よく聞くのは、Youtuberブロガーなどという言葉です。

この人たちは、自分の権利を構築して、売っています。

権利を構築する際は労働が必要になりますが、一度権利が出来て、システムがうまく回れば、何もせずに自動で収入が得られます。

どちらを選ぶかと聞かれれば、当然権利収入を選ぶと思います。

労働収入で、一生働き続けることは不可能です。

権利収入なら、一度権利を構築してしまえば、一生自動収入が得られます。

今の会社を辞めて起業するにせよ、辞めずに副業を始めるにせよ、労働収入には限界があります。

あなたがしなければならないのは、自分の時間と体を使った労働ではなく、頭を使って権利を生み出すことです。

それでは、どのようにして権利を生み出せばいいでしょうか。

権利を生み出すには、顧客にとって価値があるものを知らなければなりません。

価値があるものが分かれば、それを自分の権利にしてしまえばいいわけです。

例えば、「ブログで稼ぐ方法」を知りたい人がたくさん居たとします。

知りたい人(顧客)にとって価値があるものです。

価値があるものが分かったら、それを形にして売ればいいのです。

形にする際も、自分でする必要はありません

ライターを雇って書かせてもいいですし、誰か人を雇って情報を集めさせてもいいと思います。

そうすれば、自分は何の労働もする必要なく、指示を出すだけで収入を得ることができます。

今回はたまたま「ブログで稼ぐ方法」でしたが、他にも価値があって、人が欲しがっているものはたくさんあると思います。

それを見つけて、商品化すればいいだけです。

自分の時間や労力をかけずとも、顧客にとって価値があるものとは何かを考えるだけで、お金は稼げます。

価値を知る際も、人を雇ったり、リサーチ会社にお願いすれば自分は働く必要がありません。

徹底的に人を使えば、自分は最小限の労働で、お金を稼ぐことができます。

起業家経営者のマインドはこういったものです。

  

こちらもあわせて読むと理解が深まります

【未来の働き方】職業の変化について行く

【情報化社会】変化していく稼ぎ方

タイトルとURLをコピーしました