【ミニマリストの海外移住】必要最低限の持ち物で暮らす

【ミニマリストの海外移住】必要最低限の持ち物で暮らすノマド×ミニマリスト

ミニマリストとは必要最小限のものだけで暮らす人たちを指します。

自分が好きなものを強調して選択することで必要ないものを捨てることができます。

  

不要なものを排除して自分が好きなものだけに囲まれて暮らすことで心豊かな生活が送れます

ミニマリストの思考は移住生活にも最適です

  

海外移住先としても人気のタイでのミニマリスト生活をシミュレーションしてみます。

  

  • ミニマリストのメリットが知りたい
  • タイ・バンコクでの具体的な生活費が知りたい
  • 海外移住前に必要な準備とは?

  

この記事ではこのような疑問にお答えします。

  

ミニマリストとは

ミニマリストとは自分が大好きな必要最小限のものだけに囲まれて生活する人のことです

ミニマリスト生活の目的は強調と選択です。

  

自分にとって大切で必要なものを強調して、好きなものだけに囲まれて生活する選択をします。

そうすることで心豊かな生活を送ることができます。

  

ミニマリストのメリット・デメリットやなり方については別記事をご覧ください。

  

ものがあふれている時代だからこそ選択が必要です。

不要なものを捨てることにより心も時間もゆとりが持てるようになります

  

ミニマリストは移住生活に最適

身の回りの物が少ないミニマリストは移住生活に向いています。

物が少ない生活を送っているため、引っ越しが楽です。

  

引っ越し業者を使う必要もないため、引っ越し費用がかかりません。

一般的な引っ越し費用は単身パックの市内で4万~6万円、県外で6万~10万円と言われています。

  

この費用がかからないのは大変お得です。

  

スーツケース1つで生活する

スーツケースに収まる生活用品

基本的にスーツケース1つに収まるような生活ができるといいと思います。

海外に移住する際にもスーツケース1つで引っ越しできます。

  

航空会社によって無料預入サイズが異なります。

最低ラインで158cm(3辺合計/高さ×横幅×奥行き)以内という航空会社があります

このサイズなら問題ないと思います。

  

  

あとは重さ23kg以内という規定が多いので注意が必要です。

重さや大きさは追加料金を支払うことで預け入れが可能になります。

  

しかし無駄な出費になりますし、少ない荷物で生活するミニマリストを目指すならこの範囲内に収まるようにするといいと思います。

  

重さ目安(衣類)

男性用のTシャツ:約200g

男性用の長袖シャツ:約300g

ジーパン:約800g

スカート:約300g

ワンピース:約400g

下着(男性トランクス):約70g

下着(女性上下):約70g

靴下:約60g

革製ベルト(金属バックル):約200g

タオル:約70g

バスタオル:約300g

  

重さ目安(パソコン類)

ノートパソコン:約1300g

キーボード:約600g

モニタ(23インチ):約2700g

HDMIケーブル:約20g

  

基本的にはパソコンやスマホなどのバッテリー付き電子機器は機内持ち込みが原則です

各航空会社でもそのように案内されます。

  

モバイルバッテリーなども預け入れできないので要注意です。

必ず機内持ち込みしてください。

  

  

ミニマリストの持ち物

ミニマリストは家具や家電などにこだわりがない人が多いです。

こだわりがないというよりこだわると荷物が増えるということかもしれません。

  

ベッドなどは置かず布団を敷いて寝ることが多いようです。

家電製品も電子レンジ一つあれば他に必要ないことが多いです。

炊飯器や掃除機なども持っていない人も多いと聞きます。

  

服に関しては、季節を問わず20着前後で過ごす人が多いようです。

オールシーズン着られる素材を選び、着回しなどを考えて生活しています。

  

ミニマリストだからといって質素な生活を送るわけではありません

おしゃれも楽しむし贅沢もします。

  

工夫することで好きなものだけに囲まれた豊かな生活を送ることができます

  

タイ・バンコクでの生活シミュレーション

ミニマリストは移住生活にも適していると思います

海外移住と言えば物価が安い東南アジアでの生活を思い浮かべると思います。

  

タイのバンコクは日本人が生活するのに最適な街です

身内が住んでいることもあり詳しく知っているバンコクの生活でシミュレーションしてみます。

  

バンコクでは日本食材や日本製品が手に入りやすいです。

フジスーパー、ドン・キホーテ、マツモトキヨシ、紀伊国屋、マックスバリューなどで簡単に手に入ります。

  

ただ、輸入品という形になるため値段が2~3倍します。

ミニマリストの本領を発揮して必要なものだけ買いましょう。

  

また、バンコクには日本人街があります。

多くの日本人が生活しているため、街中でもよく日本人を見かけます

  

バンコク在住者が約3万人、他県合わせるとタイ在住者が約4万人もいます。

実際にバンコクでの生活はいくらかかるかシミュレーションしてみます。

  

バンコク生活シミュレーション

家賃:1万~2万バーツ

光熱費:1,500バーツ

通信費:1,500バーツ

食費:8,000バーツ(タイ食中心)

交通費:3000バーツ

医療保険:3,000バーツ

交際費:3,000バーツ(会食、飲み代など)

雑費:3,000バーツ(日用品・ヘアカット・マッサージ代など)

  

ざっと3万3千~4万3千バーツ程度(約11万5千~15万円程度)かかる計算です

※1バーツ=3.5円計算(2021年9月現在)

  

節約すれば月10万円以下での生活も可能です。

Youtubeなどで見るとパタヤなどでは月8万~9万円で生活している人もいるようです。

バンコクに比べると郊外のほうが若干安いです。

  

外国人は、ほかにビザ代が年間7,000バーツ(約2万5千円)程度かかります。

無理せず楽しみながら生活するには月15万円は必要だと思います

  

友達付き合いもなくお酒も飲まないのなら交際費はほとんどかかりません。

しかし日本人同士の会食は日本食屋さんが多いです。

その場合、1回に1,000~1,500バーツ程度かかることが多いです。

日本食はタイではかなり高いです

  

また、お酒を飲む人もそれなりに高くつきます。

日本よりは安く飲めますが、お酒はどこの国でも高いのが常識です

  

タイは医療費がかなり高いので必ず医療保険に入っておくべきです

交通事故なども多い国ですから何があるかわかりません。

  

最低限の医療保険には入っておく必要があります。

月3,000バーツというのは本当に最低限です。

  

キャッシュレスで診てもらうなら8,000~9,000バーツ程度は必要だと思います

  

物がなければ狭い部屋でも良いはずです。

狭い部屋なら家賃も安いです。

  

家賃で浮いた分、食費や雑費、交際費にかけることができます。

何にお金を使うのかを明確にすることで節約することができます

そうすることで生活がより充実したものになります

  

海外移住前に日本でしておくべきこと

日本のテレビが海外でも見られる裏技

テレビっ子である私は日本のテレビ番組が見られないとかなりのストレスになります。

海外に居ても日本のテレビが見られるようなサービスはあります。

  

タイにもありますが、当然月額使用料がかかります。

設置にも費用と手間がかかります。

  

そのような面倒をすべて解決できる方法があります。

パナソニックのおうちクラウド(ディーガ)です。

  

  

インターネットがつながる場所であればどこでも見ることができます

録画した番組の視聴はもちろん、リアルタイムでの番組視聴もできます。

  

実家などに1台設置しておくことで海外に居ても日本の番組が見られます。

視聴だけではなく番組予約や見終わった番組の削除などもできるため非常に便利です。

  

実家とは異なる場所で暮らしている人も地元のローカル番組を視聴することが可能になります。

  

HDDを外付けできるため、録画容量を増やしておくことをおすすめします。

  

電子図書館のアカウント開設

各自治体で図書館の電子化が進んでいると思います。

まだまだ電子化が進んでいない自治体も多いようですが、かなり進んでいるところもあります。

  

自分が住んでいる地区の図書館で電子図書館があるかどうか調べてみてください。

電子図書館があれば必ず開設することをおすすめします

  

電子図書館もインターネットがつながる場所であれば本を読むことができます。

しかも無料です。

  

今は冊数が少なくてもいずれ増える可能性があります。

ご自身がお住いの地区の周辺(隣接)の図書館も利用可能なはずです。

  

図書館によって、扱っている本の種類がかなり違います。

開設できそうな電子図書館はすべて開設しておくことをおすすめします

  

ただ、海外移住などで住所が変更になった場合、次の更新ができなくなると思います。

しかし、更新手続きが必要になるまでは読み放題なので手続しておいたほうがいいと思います。

  

まとめ:ミニマリストは移住生活にも最適

ミニマリストとは好きなものだけに囲まれて暮らす人たちを指します。

ミニマリストの目的は強調と選択です。

  

自分の好きなものを強調することで、好きなものだけを選択することができます

言い換えれば必要ないものを捨てることができるということです。

  

自分にとって本当に大切で必要なものに囲まれて暮らすことで幸福感もアップします

選択することで物が少なくなるメリットを活かせば移住生活も楽になります。

  

自分が好きなときに好きな場所で暮らす。

夢のような生活ができるかもしれません。

  

※※※※※

ミニマリスト生活にもお金は必要です。

我慢と節約は違います。

  

我慢しすぎることがないようお金を稼ぐことも必要です。

しかし移住生活を送る場合は定職に就くのが難しくなります。

  

現在はフリーランスという働き方が増えてきています。

パソコンとインターネット環境さえあればお金を稼ぐことが可能です。

  

フリーランスについては別記事で詳しく解説しています。

  

ブログで稼ぐという方法もあります。

自動収入化できればミニマリスト生活もより豊かになります。

  

タイトルとURLをコピーしました