【SDGsとは】みんなが幸せな社会にする

SDGs17の目標 トレンド
スポンサーリンク

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals」の略です。

日本語に訳すと、「持続可能な開発目標」になります。

2015年9月の国連サミットで採択されました。

国連加盟の193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

これは、途上国・先進国関係なく達成しようという目標です。

現在、世界では、貧富の差や環境汚染などの様々な問題が悪化し続けています。

そこで社会全体で問題解決に取り組んで行こうと17の分野に分けて、それぞれを設定しました。

出典:外務省 持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割

今は、企業も環境や人権に対する姿勢が問われる時代です。

安すぎる賃金で生産している企業、環境汚染をしている企業の商品は買わないという考えが浸透してきています。

その為、SDGsが国内企業でも注目されています。

地方自治体や民間企業、個人がSDGsを取り組んでいます。

今後、SDGsを取り組まなければ淘汰される時代が来るという危機感のもと取り組んでいる企業が増えています。

SDGsの達成度

日本の達成度はどうなっているでしょうか。

出典:Sustainable Development Report 2020

表の上の17項目の色分けは「達成度」です。

緑が「達成」、黄色が「課題が残っている」、オレンジが「重要な課題が残っている」、赤が「大きな課題が残っている」となっています。

緑、黄色、オレンジ、赤と、右に行くにつれて、達成度が低くなります。

下の矢印は「進捗」です。

緑は「達成の軌道に乗せている」、黄色は「適度に改善されている」、オレンジは「停滞」、赤は「減少」です。

灰色の〇は情報がなく「評価できない」です。

日本は、現在166か国中、17位となっています。

アメリカの31位や中国の48位に比べれば、高い順位と言えますが、1~5位の上位は欧州が占めています。

気になるのは、「進捗」の「10.人や国の不平等をなくそう」の項目です。

唯一、減少しています。

これは、日本国内で格差が拡大していることを表しています。

お金に余裕がある人は、今回の株高で儲けています。

しかし、余裕がない人は、貯金や投資もできず、日々の生活費で手一杯です。

株高は良いことでもありますが、格差が広がる要因でもあります。

スポンサーリンク

SDGs17の目標

17の目標について、細かく見て行きます。

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

1~6の目標は、貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など発展途上国に対する支援に見えます。

そのため、日本国内ではあまり意識されないように感じます。

しかし、「5.ジェンダー平等を実現しよう」は、世界経済フォーラムで発表された数字によると153カ国中121位と、とても低い数字になっています。

出典:世界経済フォーラム Global Gender Gap Report 2020

最近も女性蔑視と取れる発言が問題になっていました。

依然として日本人の意識は低いと世界から認識されています。

これらの目標は先進国である日本でも当てはまることだと言えます。

次は7~12の目標です。

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任 つかう責任

この6つには、エネルギーや働きがい、経済成長の話が出てきます。

これらは先進国である日本も密接に関係する目標です。

先ほども述べたように「10.人や国の不平等をなくそう」の課題は深刻な問題です。

日本国内でも経済格差は広がっています。

1つの職種、1つの技能で食べていける時代は終わりました

日本国政府も副業を推奨しています。

早めに副業を始めるなど、様々な収入の確保に動くべきだと感じます。

最後に13~17の目標です。

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

気候変動や海、陸、平和と公正まで出てくるので、発展途上国、先進国など関係なく包括的な話になってきます。

SDGsが世界中で意識されている理由だと思います。

世界全体で取り組まなければ、絶対に達成できない目標ばかりです。

SDGs達成のための具体的数値目標

SDGsは、17の目標169のターゲット232の指標から成っています。

17の目標を具体的にしたのが169のターゲットです。

さらに曖昧だった数字をより具体的にしたものが、232の指標です。

詳細は以下をご参照ください。

細かく分かれているので、常に全てを意識するのは難しいかもしれません。

しかし、自分ができることからしっかりと意識して取り組みたいものです。

タイトルとURLをコピーしました