【SEO対策のやり方】ブログ記事のキーワード選定の基本と効果

【SEO対策のやり方】ブログ記事のキーワード選定の基本と効果ブログ

SEO対策とは「検索エンジンの最適化」のことです

最適化するにはGoogle(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索エンジンを理解しなければなりません。

  

理解できれば自分でできるようになります。

SEO対策のやり方は簡単です。

  

ブログは、書きたい記事を書くのではなく、しっかりとキーワード選定して書かなければなりません。

SEO対策の基本と効果を理解してアクセス数を上げましょう。

  

  • SEO対策の方法が全くわからない
  • キーワード選定ができない
  • 検索エンジンの仕組みが知りたい

  

この記事ではこのような疑問や悩みが解決できます。

SEO対策とは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。

直訳すると「検索エンジンの最適化」です。

  

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたときに自分のサイトが上位に表示されるようにする技術のことです

  

みなさんもわからないことや知りたいことがあったとき、検索エンジンで検索すると思います。

検索する人のうち、90%以上の人が最初の1~2ページ目(1~20位)で検索をやめてしまうと言われています。

  

上位表示されるかどうかで記事が読まれるかどうかが決まります

どれだけ良質な記事を書いても読まれなければ意味がありません。

  

SEO対策をしっかりおこなうことが重要です。

  

すぐに自分でできるSEO対策とできないSEO対策

SEO対策にはすぐに自分でできるものとできないものがあります

  

SEO対策の種類

すぐに自分でできるSEO対策

内部被リンク

キーワード選定

すぐに自分でできないSEO対策

外部被リンク

検索クエリの確認

  

すぐに自分でできるSEO対策(内部被リンクとキーワード選定)

自分ですぐにできるものには、内部被リンクキーワード選定があります

内部被リンクは、記事同士をリンクさせるだけで被リンクが獲得できます。

  

記事を書くときに内部リンクを意識するだけなので簡単です。

なるべく記事同士をつなぐことを意識しながら記事作成してください。

  

記事同士がうまくつながれば、Googleのクロールがスムーズになります

  

キーワード選定に関しても自分ですぐにできます

詳しい方法は別記事をご覧ください。

SEO対策>>キーワード選定の流れと書き方

  

すぐに自分でできないSEO対策(外部被リンクと検索クエリの確認)

外部被リンクと自サイトの検索クエリの確認は自分ですぐにはできません

通常、外部被リンクは良質な記事を量産して、ほかのサイトの運営者がリンクを貼ってくれるのを待ちます。

  

自分からアプローチする方法もありますが、時間がかかりますし、かなりの手間です。

そのほかに有名サイトに登録して自分で外部被リンクを獲得する方法があります

  

詳しくは別記事をご覧ください。

SEO対策>>良質な被リンクの獲得方法

  

また、自サイトの検索クエリの確認もすぐにはできません。

検索クエリとはユーザーが実際に検索したキーワードのことです。

  

20~30記事ほど公開して、自然検索されるようになるとGoogle Search Consoleで確認することができます。

  

検索クエリと自分が選定したキーワードがズレていた場合、検索表示回数が伸びなくなります

ズレている場合、自サイトの検索クエリからキーワード選定し直してリライトする必要があります

  

検索クエリとキーワードの違いについては別記事をご覧ください。

SEO対策>>検索クエリとキーワードの違い

  

SEO対策はGoogle(グーグル)の検索エンジンを意識する

Google検索エンジンの仕組み

Googleは独自のアルゴリズムを使ったロボット型検索エンジンです

アルゴリズムを理解することで自分のサイトを上位に表示させることが可能です。

  

Googleは検索されたキーワードについて書かれたWebページを探し出し、その中から独自の基準で判断したページランクの高いWebページから順に検索結果として表示させます。

  

Google検索エンジンの仕組み

ユーザーが知りたい情報をGoogleで検索します。

Googleはユーザーの検索キーワードを元に検索結果を表示します。

  

このときの検索結果は、Google独自のアルゴリズムを使ってデータベースに格納されたものを使用しています。

検索結果の表示までに3つの工程があります。

  

【工程1】クローラーが情報を集める

Googleのクローラーというロボットが世界中のWebサイトを回って情報を収集します

情報を集めることをクロールと言います。

  

クローラーが集めた情報は、そのままインデクサに渡されます

  

【工程2】インデクサがインデックスして情報を格納する

Googleのインデクサというロボットは情報に順位をつけてデータベースに格納します。

順位をつけるときに使うのがGoogleの独自アルゴリズムです。

  

Googleの独自アルゴリズムは200以上あります。

どのようなアルゴリズムかは公表されていないため、はっきりとはわかりません。

  

よく言われていることは以下です。

Google独自のアルゴリズムに有効なSEO対策

★キーワード選定してメタタグを挿入する

★ドメインパワーを上げる(被リンクを増やす)

★ページの最初に重要キーワードを書く

★選定キーワードを強調する

★キーワード密度を意識する

  

具体的な方法については後述します。

  

Google独自のアルゴリズムに対するSEO対策は時間と手間がかかるものばかりです。

時間をかけてひとつずつおこなうしかありません。

  

【工程3】クエリサーバーが検索結果を表示する

クエリサーバーは、インデックスされた情報とユーザーが検索したキーワードを比較して、最適なページを検索結果としてユーザーに返す役割を果たします

  

ユーザーの検索クエリと自分が選定したキーワードが違う場合、検索結果として表示されません。

  

SEO対策の基本と効果

SEO対策の基本はGoogleの検索エンジンの仕組みを理解することです

  

前述で仕組みは理解できたと思います。

次に各工程に対してSEO対策をしていかなければなりません。

  

【工程1】に対するSEO対策(XMLサイトマップとインデックス登録)

【工程1】はクローラーがクロールして情報を集めることでした。

クローラーに効果的なSEO対策

★XMLサイトマップの送信

★インデックス登録のリクエスト

★記事同士を内部リンクでつなげる

  

まずはサイトマップをGoogleに知らせるということをします。

サイトマップとはサイトにどのようなコンテンツがあるのか一覧で見られるページのことです。

  

サイトマップには2種類あります。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップです。

  

それぞれ役割が違います。

2種類のサイトマップの役割

★XMLサイトマップ

検索エンジンにサイト内のコンテンツを通知する

★HTMLサイトマップ

ユーザーにサイト内のコンテンツを通知する

  

SEO対策の場合、相手は検索エンジンですから、XMLサイトマップの送信をおこないます。

  

XMLサイトマップの作り方とGoogle Search Consoleへの登録方法は別記事をご覧ください。

インデックス登録のリクエストの方法も書いてあります。

SEO対策>>XMLサイトマップとインデックス登録

  

【工程2】に対するSEO対策(外部被リンクとキーワード選定)

【工程2】はインデクサがGoogle独自のアルゴリズムをもとにインデックスすることでした。

インデクサに有効なSEO対策

★ドメインパワーを上げる(被リンクを増やす)

★キーワード選定してメタタグを挿入する

★ページの最初に重要キーワードを書く

★選定キーワードを強調する

★キーワード密度を意識する

  

ドメインパワーの上げ方については先ほどご紹介した別記事を参考になさってください。

キーワード選定に関しても、先ほどご紹介した別記事でご理解いただけたと思います。

キーワード選定が終わったら、効果的にキーワードを使わなければなりません。

  

まずはメタタグに挿入します。

メタタグとは、記事の情報を検索エンジンに伝えるための情報です。

  

メタタグは、主にタイトルタグメタディスクリプションタグキーワードタグの3つを指します

タイトルタグはh1タグで書かれる記事のタイトルです。

  

メタディスクリプションとは、記事の紹介文のことです。

Web検索したときにタイトル下に書かれている紹介文のことです。

詳しくは別記事をご覧ください。

SEO対策>>メタディスクリプションの書き方

  

キーワードタグとは、検索エンジンに認識させたいキーワードを記載するものです。

タイトルタグ、メタディスクリプションタグ、キーワードタグの3つともCocoonでは記事作成ページで設定することが可能です。

  

  

CocoonはSEO対策にすぐれた無料テーマです

本当に無料なのが不思議なほど優秀です。

  

タイトルにロングテールキーワードすべてを入れることが難しい場合があります。

その場合は、メインの3~4つを入れるといいと思います。

  

またメタディスクリプションに関しては、Google関係者の話から直接SEO効果はないことがわかっています。

  

選定したキーワードにこだわらず、キャッチーな言葉でクリックしたくなるような文を書いてください。

メタディスクリプションに関しても先ほどご紹介した記事に詳しく書いてあります。

  

キーワードは単語を「,」で区切って記入します。

多すぎるとスパムと勘違いされ、ペナルティの対象になります

必ず10個以内にしてください

私は通常5~6個にしています。

  

次に記事の書き方です。

ページの最初の導入文に必ず選定したキーワードを入れてください

  

Googleはページに書かれているキーワードのうち、特に最初の30個を重視していると言われています。

最初の30個以内にキーワードをすべて入れることを意識してください

  

さらに選定したキーワードを強調します。

太字やラインマーカーを使ってください。

重要なキーワードであることをアピールします。

  

選定したキーワードの密度も重要です。

選定したキーワードが少ない場合、ほかのキーワードの密度が多くなる可能性があります。

  

するとGoogleは、ほかのキーワードを重要キーワードと認識します。

さらにタイトルの重要キーワードと照らし合わせて、本文内の重要キーワードと違っていた場合、タイトルと内容が一致しない記事として判断され、評価が下がる原因になります。

  

しかし、選定キーワードを多く入れることでSEO対策が強化されると勘違いしてはいけません。

少なすぎるのはいけませんが、多すぎるとスパムとみなされ、ペナルティの対象になります

  

全文の中に占めるキーワードの割合が4%を超えないようにしましょう

  

慣れれば簡単なことばかりです。

自然にできるようになるまで何度もこの記事を読み返して覚えてください

  

【工程3】に対するSEO対策(検索クエリの確認とリライト)

【工程3】はクエリサーバーが検索結果を表示することでした。

自分が選定したキーワードが、ユーザーの検索クエリと違った場合、検索結果として表示されません。

慣れた人でも選定がズレることがあると思います。

  

常にGoogle Search Consoleで自サイトの検索クエリを確認するようにしましょう。

検索クエリと選定したキーワードが違っていた場合、検索クエリを元に選定し直して、リライトするといいです

  

定期的に過去記事をリライトすることによってGoogleの評価も上がります

ユーザーは常に最新の情報を求めているからです。

  

Googleのユーザーファーストの理念からも評価が上がることは明確です。

また、Googleには「フレッシュネス アルゴリズム」というものがあって、常に最新の情報が表示されるようになっています。

  

今年日本でおこなわれるオリンピックもわざわざ「2021年オリンピック」と検索しなくても、「オリンピック」と検索するだけで2021年のオリンピック情報が上位に表示されます。

  

フレッシュネス アルゴリズムにより、古い情報は上位表示されなくなるため、リライトが重要になります

リライトを頻繁におこなっているサイトやブログのほうが上位表示される可能性は高くなります。

  

まとめ:SEO対策は時間をかけてじっくりおこなう

今回の記事では、すぐに自分でできるSEO対策をご紹介しました。

  

しかし、SEO対策は成果が出るまで時間がかかるものです

よく聞く、初月から「1,000PV」「収益4桁」などは無理な話です。

  

SNS集客を利用すれば可能な話かもしれませんが、検索流入だけではまず不可能です。

じっくり時間をかけてユーザーのニーズを満たし、Googleからも評価されなければなりません。

  

それには時間がかかります。

最低、半年は必要だと言われています

  

まずはユーザーファーストを心掛けてコツコツ積み上げてください。

収益などの結果はあとからついてくるものです。

  

※※※※※

フリーランスとは、働き方をあらわす言葉で特定の企業や団体に属さないで働く人を指します。

人気の働き方で、最近ではフリーランスになる人が増えています。

  

人気の職種や年収など別記事で詳しく解説しています。

  

  

  

タイトルとURLをコピーしました