【XMLサイトマップの作り方】Google Search Consoleに登録する方法

【XMLサイトマップの作り方】GoogleSearchConsoleに登録する方法 ブログ
スポンサーリンク

XMLサイトマップとは、検索エンジンサイト内のコンテンツ通知するものです。

Google検索エンジンにサイト内のコンテンツを知ってもらうために通知します。

記事数が多い場合、サイトマップを通知しておくことでインデックスの処理時間が短くなります。

XMLサイトマップは、WordPressプラグインを使うと簡単に作れます。

使用するプラグインは「Google XML Sitemaps」です。

XMLサイトマップを作ったらGoogle Search Console(グーグル サーチ コンソール)に登録します。

XMLサイトマップ作り方Google Search Consoleへの登録方法をご説明します。

XMLサイトマップとは

Google検索エンジンの仕組み

冒頭でも申し上げた通り、XMLサイトマップGoogle検索エンジン通知することでインデックス処理時間が短くなるという利点があります。

Google検索エンジン自動ロボットは大きくわけると3つあります。

Google検索エンジンの自動ロボット

クローラー

世界中のWebサイトからサイト情報を集める

インデクサ

クローラーが集めた情報を整理してデータベースに収納する

クエリサーバー

ユーザーの検索キーワードに合ったページを検索結果として表示する

まずクローラーが各ホームページやブログから情報を集めます

それをインデクサ整理してデータベースに収納します。

整理して収納することをインデックスと言います。

データベースというのは本棚のようなものです。

情報がいつでも取り出しやすいように整理して本棚にしまっておきます

ユーザー検索したキーワードを元にクエリサーバー収納されている情報検索結果としてユーザーに返します

1番最初の工程である情報を集めてもらうクローラーにサイト情報を知らせるのがXMLサイトマップの通知です。

情報を収集してもらってインデックスされなければ検索結果に表示されることはないということです。

XMLサイトマップのSEO効果

記事単体をひとつずつ通知することもできます。

しかしXMLサイトマップを作成して通知するメリットのほうが大きい場合が多いです。

主に以下のようなときにメリットがあり、SEO効果も高くなります。

XMLサイトマップを作ったほうがいい場合

★記事数が多いサイト

★すべての記事を内部リンクでつなげていないサイト

★新しいサイト

★記事の更新頻度が高いサイト

記事数が多いサイトクロールに時間がかかる場合が多いです。

場合によっては回り切れずに漏れてしまうこともあります。

過去記事のクロールに時間がかかると、新記事のクロールが遅れてランキングにも影響が出ます。

わかりやすいサイトマップを作って通知することで、クローラーがスムーズにクロールできます。

また、内部リンクですべてつなげてあるサイトはいいですが、ひとつでもつながっていないページがあるとクロールされない可能性がでてきます。

上手に内部リンクできていればいいですが、初心者の場合は難しいと思います。

新しいサイトほどXMLサイトマップ有効活用するべきだと思います。

XMLサイトマップの作り方

WordPressプラグインの「Google XML Sitemaps」を設定します。

WordPressの「プラグイン」から「新規追加」を押してください。

キーワードで「Google XML Sitemaps」と検索します。

XML Sitemaps」をダウンロードします。

右上の「今すぐダウンロード」を押してください。

ダウンロードが済んだらWordPressの「設定」から「XML-Sitemaps」を開きます。

上から順に見ていきます。

  

基本的な設定」と「Additional Pages」はそのままでいいです。

投稿の優先順位」を「優先順位を自動的に計算しない」に変更します。

デフォルトの「コメント数」にしているとコメント数が多い記事ばかりクロールされることになります。

すると新しい記事が優先的にクロールされなくなります

ですから「優先順位を自動的に計算しない」に変更しておいてください。

Sitemapコンテンツ」も特に変更する必要はありません

Excluded Items」で除外したいカテゴリーページや記事が指定できます。

Uncategorized(未分類)」など記事が入っていないカテゴリーを除外したいときは指定してください。

Change Frequencies」ではクロールの頻度が指定できます。

投稿(個別記事)」を「毎日」に変更してください。

サイトを立ち上げたばかりの人更新頻度が多いためクロールの頻度を上げるといいと思います。

「メモ」にもあるように「絶対的な命令」ではないので指示通りクロールされるとは限りません

後述しますが、新記事を公開したらGoogle Search Consoleでインデックス依頼をするクセをつけましょう。

優先順位の設定」で「投稿(個別記事)」の優先順位を上げるため、数値を「1.0」に変更してください。

投稿記事優先順位を上げることで、新記事へのクロールが優先されます。

そのほかの数値は変更の必要はありません。

優先したいものがあれば「1.0」に近い大きい数字に変更してください。

すべての変更が終わったら、「設定を更新」を押して保存します。

Google XML Sitemapsの設定は以上です。

  

次にGoogle Search ConsoleにXMLサイトマップを登録します。

Google XML Sitemapsの設定画面の一番上まで戻ってください。

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」というURLがあると思います。

それをコピーしておいてください。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録するときに使います。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録する

Google Search Console管理画面の「サイトマップ」をクリックします。

新しいサイトマップの追加」に先ほどコピーしたURLを貼って送信」を押します。

問題なく送信できたら成功しました」と表示されます。

一度設定してしまえばあとは何もする必要はありません。

新記事投稿時はGoogle Search Consoleにインデックス依頼をする

XMLサイトマップ登録していてもすぐにクロールしてくれないときがあります。

新記事を公開したらGoogle Search Consoleにインデックス依頼をするようにしましょう。

必ずクセづけておいてください。

新記事を公開したら、記事のURLをコピーします。

Google Search Consoleトップページ最上部から公開した記事のURLを入力して検索します。

公開したばかりの時は「インデックスされていません」と出るはずです。

右下の「インデックス登録をリクエスト」を押してください。

  

1~2分でリクエストが完了します。

リクエスト完了後しばらく経ってから再度確認してみてください。

早いときは5分ほどでインデックスされることもあります。

まとめ:XMLサイトマップを登録しておくとSEO対策になる

XMLサイトマップGoogle Search Consoleに登録しておくことで効率よくクロールしてもらえる確率が上がります。

効率よくクロールしてもらうことで漏れなく正しく評価してもらえます。

特に初心者の場合は内部リンクがうまく貼れていなくて隅々までクロールしてもらえないことが多いです。

クロールしてもらえない記事があると損をすることになります。

Googleの誤認識による不利益を避けるためにもXMLサイトマップの作成と登録をおすすめします。

  

記事量産するよりひとつひとつ丁寧に書き上げることをおすすめします。

こまめに過去記事リライトするのもおすすめです。

技術がない素人毎日更新してもいい記事は書けません

無理に毎日更新をして50記事書き上げた結果をご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました