【XMindの使い方】無料ツールでのマインドマップの書き方

マインドマップの書き方とXMindの使い方ブログ

  

XMind使い方をご紹介します。

XMind初心者でも使いやすい無料ツールです。

  

  

このような図を見たことがあるでしょうか?

これはマインドマップというものです。

  

頭の中にある書きたい記事のキーワードを分かりやすく図式化したものです。

今日はこのマインドマップの作り方についてご説明します。

【XMindの使い方】マインドマップとは

マインドマップとは、イギリスの教育コンサルタントのトニー・ブザンが提唱したものです。

思考の表現方法です。

  

頭の中の思考を描きだし記憶や発想を整理しやすくするものです。

中心になるキーワードから分岐させて描く図式です。

  

マインドマップをブログで使用する利点は以下の通りです。

マインドマップのメリット

★書きたいことが分かりやすく整理できる

★記事構成を整理しやすい

★キーワード選定やネタ探しにも使える

  

このマインドマップを利用することにより、ブログを書くスピードが上がります

また、キーワードがブレにくく読者のニーズに沿った記事が書けるようになります。

  

【XMindの使い方】マインドマップのキーワード選定の方法

キーワードプランナーの活用

まずはビッグキーワードを決めます。

ビッグキーワードとは、月間検索数1万件以上のものを指します。

  

ビッグキーワードは検索数が多いですが、その分、ヒットするサイト数も多いです。

そのため、上位表示される可能性がとても低いです。

  

ビッグキーワードとは

★ビッグキーワード

月間検索数1万件以上

競合サイトのヒット数が多くクオリティも高い

  

このビッグキーワードに関しては、キーワードプランナーを使って調べることができます。

自分が書きたい内容の重要キーワードを検索してみてください。

  

月間検索数が1万件以上であれば、ビッグキーワードと言えます。

キーワードプランナー無料登録方法と使い方はこちらをご覧ください。

>>キーワードプランナーの無料登録方法と使い方

  

ビッグキーワードだけだと上位表示を狙うのは難しいので、スモールキーワードと合わせてキーワード設定していきます。

  

スモールキーワードとは

★スモールキーワード

月間検索数1,000件以下

競合サイトが少ないため上位表示されやすい

  

また、月間検索数が1,000~1万のものはミドルキーワードと言われています。

ビッグキーワードにスモールキーワードを合わせることにより、具体的な検索ニーズに近づきます。

  

単に「副業」と検索している人は目的が漠然としていることが多いです。

副業について知りたいが、具体的に何について知りたいかは定まっていない人です。

  

ここで、「副業 おすすめ バレない」と検索している人は、同じ副業でも、バレない方法を気にしていることが分かります。

そのことをタイトルに書いて記事にすれば、読んでもらえる可能性が上がります。

  

複合キーワードの方が、より具体的で成約に近いとされています。

検索件数は減りますが、上位表示の確率やクリックされる確率は上がります

  

ラッコキーワードの活用

サジェストキーワードからキーワードを設定する方法もあります。

  

サジェストキーワードとは

★サジェストキーワード

検索窓にキーワードを入れたときに表示される「候補キーワード」のこと

  

検索エンジンに「副業」と入れると、いくつか候補が表示されると思います。

それがサジェストキーワードです。

  

ただ、検索エンジンは、ユーザーが普段検索しているキーワードを学習します。

ユーザーが使用しているPCによって、検索窓に表示されるキーワードが変わる可能性があります。

  

ですから、一般的に検索されているサジェストキーワードを調べる必要があります。

その時に便利なのが「ラッコキーワード」です。

  

完全無料で利用できるキーワード検索ツールです。

出典:ラッコキーワード

  

ID登録をしていないユーザーの1日の検索数は20回までです。

本格的に利用する場合は、ID登録をおすすめします。

  

完全無料でメールアドレスの登録のみで出来ます。

  

ラッコキーワードの登録方法

登録方法

①トップページ右上の「新規登録」を押す

②メールアドレスを入力

③送られてきた確認メールのURLをクリックすれば本登録完了

  

非常に簡単ですので、登録しておいてください。

検索数20回は意外と少ないです。

  

次に具体的な使用方法を見ていきます。

  

  

まずビッグキーワードの「副業」で検索します。

するとサジェストキーワードが表示されます。

  

さらにその下のサジェストキーワードも表示されます。

このサジェストから自分が書きやすいキーワードを選びます。

  

その際「キーワードプランナー」で検索数も確認します。

SEO対策には、「ロングテールキーワード」がいいとされています。

  

ロングテールキーワードとは

★ロングテールキーワード

複数のキーワードを組み合わせたもの

ビッグキーワードを軸にして、ミドルキーワード、スモールキーワードを3~4個含ませることが多い

  

ビッグキーワードのみ上位表示を狙うのは非常に難しいです。

ロングテールキーワードで上位表示を狙い、成約率を上げていきましょう。

  

スポンサーリンク

  

【XMindの使い方】無料ツールでマインドマップを作る方法

キーワード選定が済んだら、いよいよマインドマップを作成していきます。

マインドマップの作成には、無料で使えるXMindがおすすめです。

  

XMindの特徴

XMindはアプリ版(iOS、Android)とPC版(Windows、Mac)があります。

スマホとPCでデータ共有できるのも特徴のひとつです。

  

他にもマインドマップが作れるソフトはあるのですが、オフラインでも使えるこちらのソフトが便利です。

ダウンロードして設定する必要がありますが、1度してしまえばあとは簡単に使用できます。

  

  

有料版と無料版がありますが、自分用にマインドマップを作成するだけなら無料版で十分です。

  

XMindの登録方法

  

  

まずはXMindトップページから「無料ダウンロード」を選びます。

  

  

無料ダウンロード」になっていることを確認して、お使いのOSを選んでください。

  

  

ライセンスの内容に同意」に✅を入れてください。

それぞれお使いのOSのダウンロードであることをご確認ください。

  

  

ダウンロードが終わったらsetupを始めます。

ダブルクリックして開いてください。

  

  

Next」を押します。

  

  

保存する任意の場所を指定して「Next」を押します。

基本は表示されたままの場所で問題ありません。

  

  

アイコンをデスクトップに表示させたい場合は✅を入れてください。

Next」を押します。

  

  

ファイルの保存場所アイコンの設置場所に問題がなければ「Install」を押します。

  

  

インストールが完了したら終了です。

✅を2つとも外してFinish」を押します。

  

すぐにXMindを起動したい場合は、下の✅だけ入れておいてください。

登録は以上になります。

  

スポンサーリンク

  

XMindの使い方

今回は本当に簡単な作成方法だけご紹介します。

自分が見るためだけならこれで十分だと思います。

  

  

起動して、「空白のマップを新規作成」を押します。

  

  

中央の「中心トピック」をクリックしてビッグキーワードを入力します。

  

  

次に「サブトピック」を選択します。

  

  

下の階層のキーワードを入力します。

ここには、ミドルキーワードスモールキーワードを入れます。

  

  

サブトピックで下の階層を追加していきます。

最後にはロングテールキーワードを使用したh1タグ用の見出しを作成します。

  

3つのキーワードを使用したものです。

これが記事のタイトルになります。

  

SEO対策では、32文字以内が良いとされています。

ロングテールキーワードを上手に使って、クリックされやすい文言を考えてください。

  

  

再びビッグキーワードを指定して「サブトピック」を選択します。

在宅」と同じ階層トピックができます。

  

これを繰り返してマインドマップを作っていきます。

キーワードプランナーとラッコキーワードを開きながら作業すると効率的です。

  

  

また、右側の旗印をクリックすると「マーカー」が出てきます。

指定したキーワードにマークを付けることができます。

  

収益化ページにマークを付けておいて、そのページへの動線を常に意識して他の記事も書くといいと思います。

収益ページと集客ページを明確化することで、集客ページからスムーズに収益ページに誘導することができます。

  

常にそのことを意識して記事作成するといいと思います。

  

  

完成したら保存するのを忘れないでください。

無料でも他に便利な機能があります。

  

必要最低限のご紹介だけでしたので、ご自身でも色々と触ってみてください。

  

まとめ:XMindの使い方は超簡単!無料でマインドマップが作れる!

マインドマップ作成には無料で使えるXMindが便利です。

使い方簡単初心者におすすめです。 

  

今回ご紹介した方法は、ビッグキーワードからサジェストキーワードへ繋げるため、自動的にユーザーのニーズに沿ったキーワード選定ができます。

  

また、マインドマップにまとめることにより、視覚的にも分かりやすくなり、記事の作成中にキーワードがブレることも少なくなります

  

マインドマップ作成に役立つツール3選

キーワードプランナー

ラッコキーワード

XMind

  

以上の3つの登録をお勧めします。

非常に便利なツールです。

  

※※※※※

キーワード選定時間がかかると思います。

検索ボリュームをひとつずつ確認していては時間がいくらあっても足りません。

ブログ初心者でも簡単に一度に大量にキーワード選定できる方法があります。

別記事でご紹介しています。

>>【キーワード選定のコツ】ブログ初心者が最速でリサーチする方法

  

タイトルとURLをコピーしました